AN 886: インテル® Agilex™ デバイスのデザイン・ガイドライン

ID 683634
日付 1/07/2022
Public
ドキュメント目次

1. インテル® Agilex™ デバイスのデザイン・ガイドラインの概要

更新対象:
インテル® Quartus® Prime デザインスイート 21.2
この翻訳版は参照用であり、翻訳版と英語版の内容に相違がある場合は、英語版が優先されるものとします。翻訳版は、資料によっては英語版の更新に対応していない場合があります。最新情報につきまし ては、必ず英語版の最新資料をご確認ください。

このドキュメントでは、 インテル® Agilex™ FPGAを使用したデザインについて、デザイン・ガイドライン、推奨事項、および考慮すべき要素について記述します。高集積度、高性能の インテル® Agilex™ デザインを実現するためには、デザインプロセス全体を通してインテルの推奨事項に従うことが重要です。このドキュメントは、FPGAとシステムをデザインプロセスの早い段階でプランニングする際にも役立ちます。このことは、デザイン要件を正常に満たすために非常に重要です。

注: このドキュメントは、 インテル® Agilex™ デバイスの詳細や機能をすべて網羅しているわけではありません。 インテル® Agilex™ デバイスおよび機能の詳細については、各 インテル® Agilex™ ユーザーガイドを参照してください。

この資料では、 インテル® Agilex™ デバイスのアーキテクチャーのほか、デザインで使用する可能性のある インテル® Quartus® Prime開発ソフトウェアおよびサードパーティー・ツールの特徴について記述しています。このドキュメントで説明するガイドラインに従うことで、生産性を向上させ、よくあるデザインの落とし穴を回避することができます。

このドキュメントは、 インテル® Agilex™ FPGAおよびハード・プロセッサー・システム (HPS) デバイスの詳細、機能、ハードウェアおよびソフトウェア・システムのデザインに関する情報をすべて網羅しているわけではありません。

インテル® Agilex™ FPGAの詳細については、 インテル® Agilex™ のサポートページを参照してください。

注: インテル® では、 インテル® Quartus® Primeプロ・エディションおよびインテルSoC FPGA Embedded Development Suite Proを使用して インテル® Agilex™ SoCデザインを開発することお勧めします。 インテル® Quartus® Primeプロ・エディションを使用して開発したハードウェアでサポートするのは、 インテル® SoC FPGAエンベデッド開発スイート・プロ・エディションを使用して開発されたソフトウェアのみです。