Multi Channel DMA Intel® FPGA IP for PCI Express* デザイン例のユーザーガイド

ID 683517
日付 10/06/2023
Public
ドキュメント目次

3.5.2.5.7. 名前空間環境を使用してのテスト手順

次のスクリプトを使用して名前空間を作成し、コマンドを実行します。

  1. 次のコマンドを使用して、ネットワーク・マネージャーを停止します。
    systemctl stop NetworkManager.service
  2. 名前空間を作成します。
    ip netns add <VM name>
    例えば、次のようになります。
    ip netns add vm0
    ip netns add vm1
    ip netns add vm2
    ip netns add vm3
  3. インターフェイスを名前空間に割り当てます。
    コマンド
    ip link set <interface> netns <namespace>
    ip link set ifc_mcdma0 netns vm0
    ip link set ifc_mcdma1 netns vm1                                                
    ip link set ifc_mcdma2 netns vm2
    ip link set ifc_mcdma3 netns vm3
  4. インターフェイスを起動します。

    コマンド: ip netns exec vm0 ifconfig <interface> up

    例えば、次のようになります。
    ip netns exec vm0 ifconfig ifc_mcdma0 up
    ip netns exec vm1 ifconfig ifc_mcdma1 up
    ip netns exec vm2 ifconfig ifc_mcdma2 up
    ip netns exec vm3 ifconfig ifc_mcdma3 up
  5. IPアドレスを割り当てます。

    コマンド: ip netns exec <namespace> ip addr add <ipaddr> dev <interfacename>

    例えば、次のようになります。
    ip netns exec vm1 ip addr add 1.1.1.11/24 dev ifc_mcdma1
    ip netns exec vm0 ip addr add 1.1.1.10/24 dev ifc_mcdma0
    ip netns exec vm2 ip addr add 1.1.1.12/24 dev ifc_mcdma2
    ip netns exec vm3 ip addr add 1.1.1.13/24 dev ifc_mcdma3
  6. あるインターフェイスから別のインターフェイスにpingを送信します。
    コマンド: ip netns exec <namespace> ping <ip address>
    例えば、次のようになります。
    ip netns exec vm0 ping 1.1.1.11
    注: トラフィックの開始後に、TCPおよびUDPトラフィックで pkt-loss の監視を行っています。これは、iperf または netperf 接続のハングアップとクローズにつながります。