Multi Channel DMA Intel® FPGA IP for PCI Express* デザイン例のユーザーガイド

ID 683517
日付 10/06/2023
Public
ドキュメント目次

3.5.2.3.2.4. ホストとQEMU間の通信の確立

  1. ゲストVMにログインします。

    $telnet localhost 5551

  2. インターフェイスを起動します。

    $ifconfig eth0 up

  3. IPアドレスをeth0に割り当てます。

    $ifconfig eth0 <1.1.1.11>

ホストから次のコマンドを実行します。
  1. net6551を起動します。「net6551」は、QEMUコマンドで指定するタップ・インターフェイスです。

    $ifconfig net6551 up

    $ifconfig net6551 <1.1.1.12>

  2. scpを使用してコードをコピーします。

    例: $scp -r <directory> root@<GuestIP>:/<path_to_the_directory>/

  3. VMでのgrubファイルの更新については、セクション3.5.2.3.1を参照してください。
  4. ゲストVM内でNO_IOMMUモードを有効にします。

    現在、QEMUはIOMMUをサポートしていません。ゲストVMでソフトウェアを実行している際に、vfioを使用する場合は、NO_IOMMU_MODEモードを有効にする必要があります。

    software/dpdk/dpdk/drivers/net/mcdma/ rte_pmd_mcdma.h を編集し、次のマクロを定義します。

    例: #define NO_IOMMU_MODE

    デフォルトでは、このマクロは無効になっています。

  5. ソフトウェアのセットアップ を参照し、MCDMAを構築してインストールする手順を確認してください。