インテル® Quartus® Prime プロ・エディションのユーザーガイド: Timing Analyzer

ID 683243
日付 9/30/2019
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

2.1.2. ステップ2:タイミング制約を指定する

タイミング解析中に実際の条件と比較するために、デザインのクロック周波数要件、タイミング例外、およびI/Oタイミング要件を記述するタイミング制約を指定する必要があります。 プロジェクトに追加する1つ以上の Synopsys* Design Constraints(.sdc)ファイルでタイミング制約を定義します。

.sdcファイルに慣れていない場合、Timing Analyzer GUIで初期の.sdcファイルを作成するか、提供されている.sdcファイル・テンプレートで作成できます。タイミング解析に精通している場合、任意のテキスト・エディターで.sdcファイルを作成してから、そのファイルをプロジェクトに追加できます。

  1. 次の任意の組み合わせを使用して、.sdcファイルにデザインのタイミング制約を入力します。
    • Timing Analyzer GUIで制約を入力し、Tools > Timing Analyzerをクリックして、TasksペインでUpdate Timing Netlistをクリックし、Constraintsメニューから制約を入力します。GUIには、該当する対応するSDCコマンドが表示されます。
    • 自分で.sdcファイルを作成します。 最初に推奨される初期SDC制約を追加してから、.sdc制約を繰り返し変更し、タイミング結果を再分析できます。クロックに依存する制約を入力する前に、まずクロック制約を作成する必要があります。
    図 36. クロックの作成ダイアログでクロックの制約を定義する
  2. .sdcファイルを保存します。 Timing Analyzer GUIで制約を入力する場合、Constraints > Write SDC Fileをクリックして、GUIで入力した制約を.sdcファイルに保存します。
  3. ステップ3:一般的なTiming Analyzer設定を指定するで説明されるように、.sdcファイルをプロジェクトに追加します。