インテル® Quartus® Prime プロ・エディションのユーザーガイド: Timing Analyzer

ID 683243
日付 9/30/2019
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

2.1.3. ステップ3:一般的なTiming Analyzer設定を指定する

タイミング解析を実行する前に、解析結果に影響を与える次のTiming Analyzerおよびコンパイラ設定を考慮し、オプションで指定できます。
表 4.  Timing AnalyzerとCompilerの設定
設定 内容 ロケーション

SDC files to include in the project

プロジェクト内のSynopsis Design Constraint(.sdc)ファイルの名前と順序を指定します。 Assignments > Settings > Timing Analyzer
Report worst-case paths during compilation コンソールおよびメッセージログにデザインの最悪のタイミングパスの概要を表示します。 Assignments > Settings > Timing Analyzer
Tcl Script File name カスタム分析スクリプトのファイル名を指定します。カスタムスクリプトを実行する前に、デフォルトのタイミング解析を実行するかどうかを指定できます。 Assignments > Settings > Timing Analyzer
Metastability analysis Timing Analyzerがレジスターをメタスタビリティー分析の同期レジスターチェーンの一部として識別する方法を指定します。 Assignments > Settings > Timing Analyzer
Enable multicorner support for Timing Analyzer and EDA Netlist Writer デフォルトでマルチコーナー・タイミング解析を実行するようにTiming Analyzerに指示します。これは、ベストケースおよびワーストケースの動作条件に対してデザインを解析します。 Assignments > Settings > Compilation Process Settings
Optimization Mode 合成およびフィッティング中のコンパイラ最適化作業の焦点を指定します。Balanced戦略を指定するか、PerformanceAreaPowerRoutability、またはCompile Timeを最適化します。 Assignments > Settings > Compiler Settings

SDC Constraint Protection

レジスターマージの.sdc制約を検証します。このオプションは、コンパイルによって.sdc制約の有効性を維持するのに役立ちます。

Assignments > Settings > Compiler Settings > Advanced Settings (Synthesis)
Synchronization Register Chain Length

Compilerが同期チェーンと見なす行内のレジスターの最大数を指定します。同期チェーンは、最初のレジスターがピンまたは別のクロックドメインのロジックによって供給されるように、同じクロックでファンアウトのないレジスターのシーケンスです。Compilerは、これらのレジスターを準安定性解析のために考慮します。Compilerは、リタイミングなどのこれらのレジスターの最適化を防ぎます。ゲートレベルのリタイミングがイネーブルなっている場合、Compilerはこれらのレジスターを削除しません。

Assignments > Settings > Compiler Settings > Advanced Settings (Synthesis)

Optimize Design for Metastability

この設定により、平均故障間隔(MTBF)が増加するため、デザインの信頼性が向上します。この設定をイネーブルすると、フィッターはデザインのシンクロナイザー・レジスターの出力セットアップスラックを増加させます。このたるみは、デザインMTBFを指数関数的に増加させる可能性があります。このオプションは、タイミング・ドリブン・コンパイルにTiming Analyzerを使用する場合にのみ適用されます。 Timing Analyzerのreport_metastabilityコマンドを使用して、デザインで検出されたシンクロナイザーを確認し、MTBFの見積もりを生成します。

Assignments > Settings > Compiler Settings > Advanced Settings (Fitter)
図 37. TimeQuestタイミング・アナライザのセッティング