インテル® Quartus® Prime プロ・エディションのユーザーガイド: Timing Analyzer

ID 683243
日付 9/30/2019
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

1.1.9. TimeQuestタイミング解析

異なる電圧、プロセス、温度の動作条件の下でデザインを検証するために、マルチコーナー・タイミング解析を実行するようにTiming Analyzerに指示できます。

デバイスの動作中にさまざまな条件(モデル)で違反が発生しないようにするには、使用可能なすべての動作条件で静的タイミング解析を実行する必要があります。

Timing AnalyzerでView > Timing Cornersをクリックして、タイミング解析の次の動作条件のいずれかを指定します。また、set_operating_conditions -model、-speed -temperature 、および-voltageオプションでコマンドを使用します。

set_operating_conditionsコマンドを使用する場合、現在のデバイスに有効な動作条件のみを指定する必要があります。 get_available_operating_conditionsコマンドを使用して、現在のデバイスのすべての有効な動作条件のリストを返します。無効な動作条件を指定すると、エラーが返されます。

表 2.  タイミング解析の動作条件
モデル 内容 スタート・グレード 電圧 温度
Slow 900mV 100C Model 低電圧、高温 デバイス密度で最も遅いスピードグレード VCC、最小供給(1) 最大TJ (1)
Slow 900mV 0C Model 低電圧、低温 デバイス密度で最も遅いスピードグレード VCC、最小供給(1) 最小のTJ (1)
Fast 900mV 100C Model 高電圧、高温 デバイス密度で最速のスピードグレード VCC、最大供給(1) 最大のTJ (1)
Fast 900mV 0C Model 高電圧、低温 デバイス密度で最速のスピードグレード VCC、最大供給(1) 最小のTJ (1)
1 Slow vid1 100C Model SmartVIDによるタイミング解析のための高電圧、高温動作条件。 (2) デバイス密度で最速のスピードグレード VCC、最大供給(1) 最大のTJ (1)
1 Slow vid1 0C Model SmartVIDによるタイミング解析のための高電圧、低温の動作条件。 (2) デバイス密度で最速のスピードグレード VCC、最大供給(1) 最小のTJ (1)
  注:
  1. V ccおよびTJ値については、該当するデバイスハンドブックを参照してください。
  2. インテル® Stratix® 10 SmartVIDデザインでは、完全なカバレッジを確保するためにこの追加モデルが必要です。 SmartVIDモデルは実際には高速ダイを反映しているため、「低速」ラベルは誤った呼び名になっています。

次のスクリプト例は、1100 mVの電圧と85°Cの温度で、スロータイミングモデルに動作条件を設定することを示しています。

set_operating_conditions -model slow -temperature 85 -voltage 1100

次のスクリプト例は、set_operating_conditionsを使用してさまざまな動作条件のタイミングレポートを生成する方法を示しています。

様々な動作条件の解析に向けたスクリプト

#Specify initial operating conditions
set_operating_conditions -model slow -temperature 100 -voltage 900
#Update the timing netlist with the initial conditions
update_timing_netlist
#Perform reporting
#Change initial operating conditions. Use a temperature of 0C
set_operating_conditions -model slow -temperature 0 -voltage 1100
#Update the timing netlist with the new operating condition
update_timing_netlist
#Perform reporting
#Change initial operating conditions. Use a temperature of 0C and a model of fast
set_operating_conditions -model fast -temperature 0 -voltage 1100
#Update the timing netlist with the new operating condition
update_timing_netlist
#Perform reporting