インテル® Quartus® Prime プロ・エディションのユーザーガイド: Timing Analyzer

ID 683243
日付 9/30/2019
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

2.2.5. クロックの作成およびクロック制約

すべてのクロックと、不確実性、レイテンシー、スキューなどの関連するクロック特性を定義する必要があります。 Timing Analyzerは、次のようなさまざまなクロッキングスキームに対応する.sdcコマンドをサポートしています。

  • ベース・クロック
  • 仮想クロック
  • 多周波クロック
  • 生成クロック