Intel Agilex® 7 エンベデッド・メモリー・ユーザーガイド

ID 683241
日付 4/10/2023
Public
ドキュメント目次

4.3.6. FIFO の出力ステータスフラグとレイテンシー

ほとんどの FIFO のデザインにおける主な懸念事項は、読み出しおよび書き込みステータス信号の出力レイテンシーです。
表 42.  SCFIFO のステータスフラグの出力レイテンシー次の表は、さまざまな出力モードと最適化オプションに応じた SCFIFO の書き込み信号 (wrreq) と読み出し信号 (rdreq) の出力レイテンシーを示しています。
出力モード 最適化オプション 20 出力レイテンシー (クロックサイクル数)
Normal 21 スピード wrreq / rdreqfull: 1
wrreqempty: 2
rdreqempty: 1
wrreq / rdrequsedw[]: 1
rdreqq[]: 1
エリア wrreq / rdreqfull: 1
wrreq / rdreqempty: 1
wrreq / rdrequsedw[]: 1
rdreqq[]: 1
Show-ahead 21 スピード wrreq / rdreqfull: 1
wrreqempty: 3
rdreqempty: 1
wrreq / rdrequsedw[]: 1
wrreqq[]: 3
rdreqq[]: 1
エリア wrreq / rdreqfull: 1
wrreqempty: 2
rdreqempty: 1
wrreq / rdrequsedw[]: 1
wrreqq[]: 2
rdreqq[]: 1
表 43.  SCFIFO および DCFIFO における ALM 実装 RAM モード
出力モード 最適化オプション 22 出力レイテンシー (クロックサイクル数)
Normal 23 スピード wrreq / rdreqfull: 1
wrreqempty: 1
rdreqempty: 1
wrreq / rdrequsedw[]: 1
rdreqq[]: 1
エリア wrreq / rdreqfull: 1
wrreq / rdreqempty: 1
wrreq / rdrequsedw[]: 1
rdreqq[]: 1
Show-ahead 23 スピード wrreq / rdreqfull: 1
wrreqempty: 1
rdreqempty: 1
wrreq / rdrequsedw[]: 1
wrreqq[]: 1
rdreqq[]: 1
エリア wrreq / rdreqfull: 1
wrreqempty: 1
rdreqempty: 1
wrreq / rdrequsedw[]: 1
wrreqq[]: 1
rdreqq[]: 1
表 44.  DCFIFO のステータスフラグの出力レイテンシー次の表は、DCFIFO の書き込み信号 (wrreq) と読み出し信号 (rdreq) の出力レイテンシーを示しています。
出力レイテンシー (クロックサイクル数)
wrreqwrfull: 1 wrclk
wrreqrdfull: 2 wrclk サイクル + 続く n rdclk 24
wrreqwrempty: 1 wrclk
wrreqrdempty: 2 wrclk 25 + 続く n rdclk 25
wrreqwrusedw[]: 2 wrclk
wrreqrdusedw[]: 2 wrclk + 続く n + 1 rdclk 25
wrreqq[]: 1 wrclk + 続く 1 rdclk 25
rdreqrdempty: 1 rdclk
rdreqwrempty: 1 rdclk + 続く n wrclk 25
rdreqrfull: 1 rdclk
rdreqwrfull: 1 rdclk + 続く n wrclk 25
rdreqrdusedw[]: 2 rdclk
rdreqwrusedw[]: 1 rdclk + 続く n + 1 wrclk 25
rdreqq[]: 1 rdclk
20 スピードの最適化は、ADD_RAM_OUTPUT_REGISTER パラメーターを ON に設定することと同等です。パラメーターを OFF に設定すると、エリアの最適化と同等になります。
21 Normal 出力モードは、LPM_SHOWAHEAD パラメーターを OFF に設定することと同等です。Showahead モードの場合、パラメーターは ON に設定されます。
22 スピードの最適化は、ADD_RAM_OUTPUT_REGISTER パラメーターを ON に設定することと同等です。パラメーターを OFF に設定すると、エリアの最適化と同等になります。
23 Normal 出力モードは、LPM_SHOWAHEAD パラメーターを OFF に設定することと同等です。Showahead モードの場合、パラメーターは ON に設定されます。
24 rdclk および wrclk の n サイクル数は同期ステージの数と等しく、WRSYNC_DELAYPIPE パラメーターと RDSYNC_DELAYPIPE パラメーターに関連付けられています。実際の同期ステージ (n) とさまざまなターゲットデバイスに対して設定されるパラメーターの関連性については、FIFO の準安定状態の保護および関連オプション を参照してください。
25 これは、Show-ahead 出力モードにのみ適用されます。Show-ahead 出力モードは、LPM_SHOWAHEAD パラメーターを ON に設定することと同等です。