インテル® Agilex™ エンベデッド・メモリー・ユーザーガイド

ID 683241
日付 1/08/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

4.2.3. eSRAM Intel Agilex FPGA IPのパラメーター

パラメーターを使用することで、実装するチャネルを選択することができます。
表 33.  eSRAM Intel Agilex FPGA IPのパラメーター・エディター: Generalタブ
パラメーター 選択可能な値 説明
インターフェイス
インターフェイス
  • Enable Port 0
  • Enable Port 1
  • Enable Port 2
  • Enable Port 3
On/Off eSRAMに対して有効にするチャネルを指定します。eSRAMごとに 4つのポートがあります。
  • Enable Port 0-このオプションは、eSRAMにポート0を有効にします。
  • Enable Port 1-このオプションは、eSRAMにポート1を有効にします。
  • Enable Port 2-このオプションは、eSRAMにポート2を有効にします。
  • Enable Port 3-このオプションは、eSRAMにポート3を有効にします。
表 34.  eSRAM Intel Agilex FPGA IPのパラメーター・エディター: Portタブ
パラメーター 選択可能な値 説明
チャネル幅と深度
How wide should the data bus be? データバスの幅を指定します。
  • 1から 64ビット
How many words of memory?

ポートのNビット・ワード数を指定します。この値を使用して、オンにするバンクの数を導出します。残りのバンクは、省電力の目的でシャットダウンされます。有効にされるバンク数は、ポートの深さを1024で割った値に等しくなります。この1024は各バンクの深さです。

注: 有効になっていないバンクにアドレス指定を試みると、発生するデータはランダムになり、値を伴いません。
チャネルの機能
Enable Write Forwarding On/Off 書き込み転送を有効にします。これにより、eSRAM内の同じアドレスへの書き込みおよび読み出し時にデータの一貫性が保証されます。書き込み転送では、書き込みポートに存在するデータを取り出し、それを読み出しポートに読み出しデータとして転送します。

書き込み転送される読み出しデータには、通常の読み出しと同じ時間が必要です。読み出しロジックは、ターゲットのアドレスに格納されているデータを使用しません。ただし、データはアドレスに書き込まれます。