インテル® Agilex™ エンベデッド・メモリー・ユーザーガイド

ID 683241
日付 1/08/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

4. インテルAgilexエンベデッド・メモリーのIPのリファレンス

インテルAgilexエンベデッド・メモリーの機能には、 インテル® Quartus® Prime開発ソフトウェアのオンチップメモリーIPを使用してアクセスすることができます。
オンチップメモリーIPには次のものが含まれます。
  • RAM: 1-Port Intel FPGA IP - シングルポートRAMをインスタンス化します
  • RAM: 2-Port Intel FPGA IP - デュアルポートおよび双方向ポートRAMをインスタンス化します
  • RAM: 4-Port Intel FPGA IP - クアッドポートRAMをインスタンス化します
  • ROM: 1-Port Intel FPGA IP - シングルポートROMをインスタンス化します
  • ROM: 2-Port Intel FPGA IP - デュアルポートおよび双方向ポートROMをインスタンス化します
  • eSRAM (Embedded Synchronous Random Access Memory) Intel FPGA IP - ネイティブeSRAMブロックをインスタンス化します
  • FIFO (First-In-First-Out) Intel FPGA IP - FIFO Intel FPGA IPをインスタンス化します
  • Shift Register (RAM-based) Intel FPGA IP - Shift Register (RAM-based) Intel FPGA IPをインスタンス化します
各IPコアのパラメーター情報は、 インテル® Quartus® Prime開発ソフトウェアのパラメーター・エディターで記述されます。