インテル® Quartus® Primeプロ・エディション ユーザーガイド: デザインのコンパイル

ID 683236
日付 12/16/2019
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

1.5.3. ステップ3 : Fast ForwardコンパイルおよびHyper-Retimingを実行する

Fast Forwardコンパイルを実行すると、Compilerでは、信号をレジスターから予測的に削除し、ネットリスト内のモビリティーを許可して、その後のリタイミングができるようにします。Fast Forwardコンパイルでは、デザイン固有のタイミング・クロージャーの推奨事項を生成し、最大パフォーマンスを予測するためにすべてのタイミング制約を削除します。Fast Forwardによる検討が終わったら、どの推奨事項を実装するか決定し、最大の効果が得られるようにします。適切な推奨事項をRTLに実装し、デザインを再コンパイルして、Fast Forwardによってレポートされるパフォーマンス・レベルを実現します。

Fast Forwardタイミング・クロージャーの推奨事項を生成するには、次の手順を実行します。

  1. Compilation Dashboardで、Fast Forward Timing Closure Recommendationsをクリックします。Compilerでは、事前合成またはFitterステージを必要に応じて自動的に実行し、Compilation Reportでタイミング・クロージャーの推奨事項を生成します。
  2. Compilation Reportでタイミング・クロージャーの推奨事項を確認して、デザイン・パフォーマンスを評価し、主要なRTLパフォーマンスの改善事項を実装します。
  3. 必要に応じて、次のいずれかのオプションを指定して、Fast Forward解析の自動化または調整を行ってください。
    • 各フルコンパイル中にFast Forwardコンパイルを実行する場合は、 Assignments > Settings > Compiler Settings > HyperFlexをクリックして、Run Fast Forward Timing Closure Recommendations during compilationをイネーブルします。
    • Fast Forwardコンパイルによる特定のI/Oおよびブロックタイプの解釈方法を変更する場合は、Assignments > Settings > Compiler Settings > HyperFlex > Advanced Settingsをクリックしてください。
    図 28. Fast Forwardコンパイルの実行
    図 29. HyperFlex Settings