外部メモリー・インターフェイス・ インテル® Agilex™ FPGA IPユーザーガイド

ID 683216
日付 6/20/2022
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

11.7.3. EMIFデバッグ・ツールキットの起動

EMIFデバッグ・ツールキットを起動する前に、EMIFデバッグ・ツールキットが有効になっているプログラミング・ファイルを使用してデバイスをコンフィグレーションしていることを確認します。 ツールキットを使用するためのデザインのコンフィグレーションを参照してください。

EMIFデバッグ・ツールキットを起動するには、次の手順に従います。

  1. インテルQuartus Prime開発ソフトウェアで、Tools > System Debugging Tools > System Consoleをクリックしてシステムコンソールを開きます。
  2. システムコンソールで、ボードをプログラミングしたSRAMオブジェクト・ファイル (.sof) をロードします。このファイルは、EMIFデバッグ・ツールキットを使用する際の前提条件で示されているファイルです。
  3. デバッグする正しいインスタンスを選択します。
  4. Detailsセクションに表示されるEMIF Calibration Debug Toolkitを選択します。Open Toolkitをクリックし、ツールキットのメインビューを開きます。
  5. プログラムされたデザインに複数のEMIFインスタンスがある場合は、ツールキットをアクティブにするEMIFインスタンスの列 (JTAGマスターへのパス) とIDを選択します。
  6. Activate Interfaceをクリックし、選択したインターフェイスのパラメーターとステータスをツールキットで読み取り、解析タスクを実行できるようにします。
  7. 一度に1つのインターフェイスをデバッグする必要があります。したがって、デザイン内の別のインターフェイスに接続するには、現在のインターフェイスをまず非アクティブにする必要があります。