外部メモリー・インターフェイス・ インテル® Agilex™ FPGA IPユーザーガイド

ID 683216
日付 6/20/2022
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

4.3.1. AFIのアドレスおよびコマンドのタイミング図

メモリークロックとPHYクロックの比率に応じて、AFIインターフェイスでは、PHYクロックごとに異なる数のビットを提供する必要があります。次の図は、AFIのアドレスおよびコマンドの波形をそれぞれフルレート、およびクォーターレートで表しています。

これらの波形は、AFIのコマンドフェーズがメモリーのコマンド出力にどのように対応するかを示しています。AFIのコマンド0は最初のメモリー・コマンド・スロットに対応し、AFIのコマンド1は2番目のメモリー・コマンド・スロットに対応します。

図 79. AFIのアドレスおよびコマンド (フルレート)

図 81. AFIのアドレスおよびコマンド (クォーターレート)