外部メモリー・インターフェイス・ インテル® Agilex™ FPGA IPユーザーガイド

ID 683216
日付 6/20/2022
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

11.9.5.2.2. アドレス・ジェネレーターのMSBインデックス

最上位ビット (MSB) のインデックスは、TG_ADDR_FIELD_MSB_INDEXレジスターで指定することができます。それにより、各アドレス・ジェネレーターを生成されたアドレスのビット範囲に関連付けます。

最上位フィールドのMSBインデックスはアドレス全体のMSBであることが暗示されるため、自動的に AMM_WORD_ADDRESS_WIDTH-1に割り当てられます。また、コンフィグレーション・レジスターはありません。ワードアドレス (TG_ADDR_FIELD_MSB_INDEX + n) への書き込みでは、フィールドnのMSBインデックスを指定します。システムは、TG_ADDR_FIELD_MSB_INDEXレジスターの値からアドレスフィールド幅を取得します。1つのフィールドのMSBインデックスの設定と前のフィールドのMSBインデックスの設定の差が、フィールド幅になります。

例えば、フィールド0のMSBインデックスが5で、フィールド1のMSBインデックスが9の場合、フィールド0はビット0から5に広がり、フィールド1はビット6から9に広がります。よって、フィールド0の幅は6、フィールド1の幅は4です。