外部メモリー・インターフェイス・ インテル® Agilex™ FPGA IPユーザーガイド

ID 683216
日付 12/14/2020
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

5.2.5. デザイン例のシミュレーション

この項では、 Synopsys* および Mentor Graphics* のシミュレーターでデザイン例をシミュレーションする方法を説明します。

Synopsys* シミュレーターを使用し、 インテル® Quartus® Prime開発ソフトウェアのデザイン例をシミュレーションするには、次の手順に従います。

  1. Linux*シェルのコマンドプロンプトで、ディレクトリーをsim\ed_sim\synopsys\vcsmxに変更します。
  2. コマンドプロンプトで次のコマンドを入力し、シミュレーションを実行します。
    sh vcsmx_setup.sh

Mentor Graphics* シミュレーターを使用し、 インテル® Quartus® Prime開発ソフトウェアのデザイン例をシミュレーションするには、次の手順に従います。

  1. LinuxまたはWindowsシェルのコマンドプロンプトで、ディレクトリーをsim\ed_sim\mentorに変更します。
  2. msim_setup.tclスクリプトを実行すると、シミュレーションが自動的にコンパイルされて実行されます。LinuxまたはWindowsのコマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。
    vsim -do msim_setup.tcl

    もしくは

    次のコマンドを ModelSim* のコマンドプロンプトで入力します。

    do msim_setup.tcl 

Mentor Graphicsのシミュレーターを使用する外部メモリー・インターフェイスのシミュレーションに関しては、Intel Agilex External Memory Interfaces IP Design Example User GuideSimulating External Memory Interface IP With ModelSimの章を参照してください。

注: インテルでは、EMIFインターフェイスを備えるデザイン例のrun.doファイルを提供していません。

シミュレーションに関する詳細については、サードパーティー・シミュレーション・ユーザーガイド: インテル® Quartus® Primeプロ・エディション を参照してください。

インテル® Quartus® Primeのプロジェクトは正しくコンフィグレーションされていると考えられるにもかかわらず、サンプル・テストベンチで失敗する場合は、サービスリクエストを申請する前にインテルFPGAナレッジベースで既知の問題を確認してください。