インテル® Agilex™ ハード・プロセッサー・システム (HPS) のリモート・システム・アップデート・ユーザーガイド

ID 683184
日付 11/10/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

E.2. 組み合わせたアプリケーション・イメージの使用

この項では、U-Bootの組み合わせたアプリケーション・イメージの使用例を示します。Linuxからも同様のコマンドを使用できます。

組み合わせたアプリケーション・イメージは、通常のアプリケーション・イメージとまったく同じように使用されます。ただし、デバイスがアプリケーションSOFの機能でコンフィグレーションされる前に、必要に応じて決定ファームウェアと決定ファームウェア・データを最初に更新します。

注: 組み合わせたアプリケーション・イメージには、通常のアプリケーション・イメージ、ファクトリー・アップデート・イメージ、または決定ファームウェア・アップデート・イメージのように、内部に絶対ポインターがありません。このため、スロットに書き込むU-BootとLibRSU APIのいずれかを使用してフラッシュに書き込むことができます。
  1. このドキュメントの手順を使用して初期フラッシュイメージを作成します。ただし、古いバージョンのQuartus (20.2など) を使用します。
  2. インテル® Quartus® Primeプロ・エディションのバージョン21.2を使用して、前の項で説明したように組み合わせたアプリケーション・イメージを構築します。組み合わせたアプリケーション・イメージをSDカードのFATパーティションに配置します。
  3. Quartus 20.2で作成されたシステムを起動し、U-Bootから決定ファームウェア情報を照会します。
    SOCFPGA # rsu display_dcmf_version
    DCMF0 version = 20.2.0
    DCMF1 version = 20.2.0
    DCMF2 version = 20.2.0
    DCMF3 version = 20.2.0
  4. 未使用のスロットを見つけて消去し、組み合わせたアプリケーション・イメージをそのスロットに書き込んで、それが現在最も優先度が高くなっていることを確認します。
    SOCFPGA # rsu slot_erase 2
    Slot 2 erased.
    SOCFPGA # fatload mmc 0:1 ${loadaddr} combined_image.rpd
    151552 bytes read in 9 ms (16.1 MiB/s)
    SOCFPGA # rsu slot_program_buf 2 ${loadaddr} ${filesize}
    Slot 2 was programmed with buffer=0x0000000002000000 size=3510272.
    SOCFPGA # rsu slot_verify_buf 2 ${loadaddr} ${filesize}
    Slot 2 was verified with buffer=0x0000000002000000 size=3510272.
    SOCFPGA # rsu slot_get_info 2
    NAME: P3
    OFFSET: 0x0000000003000000
    SIZE: 0x01000000
    PRIORITY: 1
  5. 組み合わせたアプリケーション・アップデート・イメージに制御を渡します。
    SOCFPGA # rsu slot_load 2
  6. 組み合わせたアプリケーション・イメージは、現在使用されている決定ファームウェア・コピーをチェックし、古いことを確認してから、決定ファームウェアと決定ファームウェア・データを更新し、実際のアプリケーション・イメージ・セクションをロードします。すべてにかかる時間は数秒です。
  7. U-Bootプロンプトで停止し、決定ファームウェアが更新され、アプリケーション・イメージが正常に実行されていることを確認します。
    SOCFPGA # rsu status_log
    Current Image   : 0x03000000
    Last Fail Image : 0x00000000
    State           : 0x00000000
    Version         : 0x00000202
    Error location  : 0x00000000
    Error details   : 0x00000000
    Retry counter   : 0x00000000
    SOCFPGA # rsu display_dcmf_version
    DCMF0 version = 21.2.0
    DCMF1 version = 21.2.0
    DCMF2 version = 21.2.0
    DCMF3 version = 21.2.0
  8. ボードの電源を入れ直すと、同じ組み合わせのアプリケーション・イメージがロードされます。これは、最も優先度が高いためです。ただし、決定ファームウェアを更新する必要がないため、数秒もかかりません。