インテル® Agilex™ ハード・プロセッサー・システム (HPS) のリモート・システム・アップデート・ユーザーガイド

ID 683184
日付 11/10/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

D.3. 有効なSPTまたはCPBなしでのLIBRSUの使用

LIBRSUは、フラッシュ内のSPTまたはCPBが破損していて、機能が低下している場合にも使用できます。APIが提供されるのは、保存されたSPTまたはCPBを復元し、空のCPBを作成するためです。CPBとSPTがこれらのAPIを使用して修復された後、完全なLIBRSU機能が使用可能になります。

1つのSPTのみが破損している場合、librsu_init APIはそれを適切なコピーから復元します。1つのCPBのみが破損している場合、librsu_init APIはそれを適切なコピーから復元します。

両方のSPTが破損している場合でも、librsu_init は成功します (戻りコード0) が、一部のAPIは、呼び出されたときにエラーコード ECORRUPTED_SPT を返します。両方のSPTが破損していると、LIBRSUはCPBの位置を識別できなくなり、CPBも破損していると見なされます。

両方のCPBが破損している場合でも、librsu_init は成功します (戻りコード0) が、一部のAPIは、呼び出されたときにエラーコード ECORRUPTED_CPB を返します。

次の表に、有効なSPTまたは有効なCPBが必要なAPIを示します。
表 18.  有効なSPTまたはCPBを必要とするAPI
API 有効なSPTが必要 有効なCPBが必要
librsu_init    
librsu_exit    
rsu_slot_count はい  
rsu_slot_by_name はい  
rsu_slot_get_info はい はい
rsu_slot_size はい  
rsu_slot_priority はい はい
rsu_slot_erase はい はい
rsu_slot_program_buf はい はい
rsu_slot_program_factory_update_buf はい はい
rsu_slot_program_file はい はい
rsu_slot_program_factory_update_file はい はい
rsu_slot_program_buf_raw はい  
rsu_slot_program_file_raw はい  
rsu_slot_verify_buf はい はい
rsu_slot_verify_file はい はい
rsu_slot_verify_buf_raw はい  
rsu_slot_verify_file_raw はい  
rsu_slot_copy_to_file はい はい
rsu_slot_enable はい はい
rsu_slot_disable はい はい
rsu_slot_load_after_reboot はい はい
rsu_slot_load_factory_after_reboot はい  
rsu_slot_rename はい  
rsu_slot_delete はい はい
rsu_slot_create はい  
rsu_status_log    
rsu_status_log    
rsu_notify    
rsu_clear_error_status    
rsu_reset_retry_counter    
rsu_dcmf_version    
rsu_max_retry    
rsu_save_spt はい  
rsu_restore_spt    
rsu_save_cpb   はい
rsu_create_empty_cpb    
rsu_restore_cpb    
rsu_running_factory yes