インテル® Agilex™ ハード・プロセッサー・システム (HPS) のリモート・システム・アップデート・ユーザーガイド

ID 683184
日付 11/10/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

5.4.2. インテル® RSUドライバー

インテル® RSUドライバーは、sysfsインターフェイスを使用してRSUサービスをエクスポートします。ソースコードは drivers/firmware/stratix10-rsu.c ファイル内にあります。

デフォルトのカーネル・コンフィグレーションでは、CONFIG_INTEL_STRATIX10_RSU=m が定義されています。これは、insmod でロードする必要のあるロード可能なモジュールとしてコンフィグレーションされていることを意味します。このドライバーの使用方法については、付録のLIBRSUリファレンス情報にある、RSUクライアントの実行の項を参照してください。

ドライバーは /sys/devices/platform/stratix10-rsu.0 フォルダー内にある sysfs ファイルを介してサービスを提供します。このパスは、LIBRSUのコンフィグレーション可能なパラメーターです。詳細については、付録のLIBRSUリファレンス情報にある、コンフィグレーション・ファイルの項を参照してください。

表 10.   インテル® RSU ドライバーのSysFSエントリー
ファイル R/W 説明
current_image RO SDM QSPIフラッシュ内で現在実行中のイメージの位置です。
fail_image RO SDM QSPIフラッシュ内で失敗したイメージの位置です。
error_details RO ユーザーにとって意味のない不透明なエラーコードです。
error_location RO 失敗したイメージ内のエラーの位置です。
state RO RSUシステムのステートです。
version RO RSUシステムのバージョンです。
notify WO HPSソフトウェアの実行段階をSDMに通知するために使用されます。また、エラーステータスのクリア、および再試行カウンターのリセット用にも使用されます。
retry_counter RO retry_counter の現在の値。現在のイメージがロードを再試行する回数を示します。ゼロの値は、これが初回であることを意味します。
reboot_image WO 次の reboot コマンドでロードされるイメージのアドレスです。
dcmf0 RO 決定ファームウェア・コピー0のバージョン情報です。
dcmf1 RO 決定ファームウェア・コピー1のバージョン情報です。
dcmf2 RO 決定ファームウェア・コピー2のバージョン情報です。
dcmf3 RO 決定ファームウェア・コピー3のバージョン情報です。
dcmf0_status RO 決定ファームウェア・コピー0のステータス。ゼロの値はコピーが正常であることを意味し、それ以外の値はコピーが破損していることを意味します。
dcmf1_status RO 決定ファームウェア・コピー1のステータス。ゼロの値はコピーが正常であることを意味し、それ以外の値はコピーが破損していることを意味します。
dcmf2_status RO 決定ファームウェア・コピー2のステータス。ゼロの値はコピーが正常であることを意味し、それ以外の値はコピーが破損していることを意味します。
dcmf3_status RO 決定ファームウェア・コピー3のステータス。ゼロの値はコピーが正常であることを意味し、それ以外の値はコピーが破損していることを意味します。
max_retry RO max_retry オプションの値。フラッシュ内の決定ファームウェア・データ・セクションから読み出します。
詳細については、RSUステータスコードとエラーコードの項および決定ファームウェアのバージョン情報の項を参照してください。
注: RSUドライバーを直接使用することは推奨またはサポートされていないため、この情報は参照用としてのみ提供されています。代わりに、LIBRSUまたはRSUクライアントを直接使用して、RSUタスクを実行します。
注: Linux*は急速に変化するコミュニティー・プロジェクトです。この項の情報は、Linuxカーネルバージョン5.4.114-ltsで有効であり、将来再び変更される可能性があります。