インテル® Agilex™ ハード・プロセッサー・システム (HPS) のリモート・システム・アップデート・ユーザーガイド

ID 683184
日付 11/10/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

2.8. リモート・システム・アップデートのウォッチドッグ

HPSウォッチドッグ・タイマーは、定期的にサービスが提供されていない場合、リセットをトリガーするために使用できます。このようなリセット時のRSUフローに関する目的の動作は、 インテル® Quartus® Primeツールから次のいずれかを選択できます。
  • コールドリセットのトリガー – SDMは現在のイメージからHPS First Stage Bootloader (FSBL) をロードして起動します。
  • ウォームリセットのトリガー - SDMにより、HPSはHPS FSBLをリロードせずに再起動します。
  • リモート・システム・アップロードのリコンフィグレーション・イベントのトリガー - SDMは、最後にロードされたアプリケーション・イメージを失敗と見なし、CPBに次のアプリケーション・イメージをロードするか、またはリストが使い果たされた場合はファクトリー・イメージをロードします。

HPSウォッチドッグ動作を選択する方法の詳細については、 インテル® Quartus® Primeプロ・エディション の項を参照してください。

デフォルトでは、ウォッチドッグはイネーブルになっており、U-Boot SPLおよびU-Bootの両方で定期的にサービスが提供されます。

必要に応じて、Linux*でウォッチドッグをイネーブルしてサービスを提供するのは、ユーザーの責任です。
注: ウォッチドッグ・タイムアウトが発生しても、現在のアプリケーション・イメージはCPBから削除されません。これは、イメージが永続的に使用不可としてマークされておらず、再試行できることを意味します (例えば、PORまたは nCONFIG イベントが発生した後など)。