インテル® Agilex™ ハード・プロセッサー・システム (HPS) のリモート・システム・アップデート・ユーザーガイド

ID 683184
日付 11/10/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

7.2.2. ハードウェア・プロジェクトの構築

GitHubのGHRDに基づき変更をいくつか加えた、異なるハードウェア・プロジェクトを4つ作成します。
  • ブートモードからFPGA先行に変更します。
  • SystemID コンポーネントで別のIDを使用して、各プロジェクトのバイナリーがわずかに異なるようにします。
  • ウォッチドッグ・タイムアウトの動作を変更して、RSUイベントをトリガーします。
  • max retry パラメーターを3に設定して、コンフィグレーション・エラーが発生したときに、各アプリケーション・イメージとファクトリー・イメージが最大3回試行されるようにします。
プロジェクトを作成およびコンパイルするためのコマンドを以下に示します。
cd $TOP_FOLDER
# compile hardware designs: 0-factory, 1,2-applications, 3-factory update
rm -rf hw && mkdir hw && cd hw
wget https://github.com/altera-opensource/ghrd-socfpga/archive/\
ACDS-21.1pro-20.1std.zip
unzip ACDS-21.1pro-20.1std.zip
mv ghrd-socfpga-ACDS-21.1pro-20.1std/agilex_soc_devkit_ghrd .
rm -rf ghrd-socfpga-ACDS-21.1pro-20.1std ACDS-21.1pro-20.1std.zip
for version in {0..3}
do
rm -rf ghrd.$version
cp -r agilex_soc_devkit_ghrd ghrd.$version
cd ghrd.$version
make clean
make scrub_clean
rm -rf *.qpf *.qsf *.txt *.bin *.qsys ip/qsys_top/ ip/subsys_jtg_mst/ ip\
/subsys_periph/
sed -i 's/BOOTS_FIRST .*= .*/BOOTS_FIRST := fpga/g' Makefile
sed -i 's/ENABLE_WATCHDOG_RST .*= .*/ENABLE_WATCHDOG_RST := 1/g' Makefile
sed -i 's/WATCHDOG_RST_ACTION .*= .*/WATCHDOG_RST_ACTION := remote_update/g' Makefile
sed -i 's/0xACD5CAFE/0xABAB000'$version'/g' create_ghrd_qsys.tcl
export IP_ROOTDIR=~/intelFPGA_pro/21.2/ip
~/intelFPGA_pro/21.2/nios2eds/nios2_command_shell.sh \
make generate_from_tcl
echo "set_global_assignment -name RSU_MAX_RETRY_COUNT 3" \
>> ghrd_agfb014r24a3e3vr0.qsf
~/intelFPGA_pro/21.2/nios2eds/nios2_command_shell.sh \
make sof
cd ..
done
rm -rf agilex_soc_devkit_ghrd
cd ..
上記の手順を完了すると、次のSOFファイルが作成されます。
  • hw/ghrd.0/output_files/ghrd_agfb014r24a3e3vr0.sof
  • hw/ghrd.1/output_files/ghrd_agfb014r24a3e3vr0.sof
  • hw/ghrd.2/output_files/ghrd_agfb014r24a3e3vr0.sof
  • hw/ghrd.3/output_files/ghrd_agfb014r24a3e3vr0.sof