インテル® Agilex™ ハード・プロセッサー・システム (HPS) のリモート・システム・アップデート・ユーザーガイド

ID 683184
日付 7/10/2020
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

6.5.1. RSUクライアントを使用した基本動作の実行

この項では、RSUクライアントを使用して次の基本動作を実行する方法を示しています。
  • RSUステータスの照会
  • スロットの数およびそれらに関する情報の照会
  • 新しいアプリケーション・イメージの追加
  • アプリケーション・イメージが正しく書き込まれたことの確認
  • 特定のアプリケーション・イメージのロードの要求
  1. ボードの電源を再投入して、Linux*を起動します。
  2. ユーザー名を「root」にして、空のパスワードを使用してログインします。
    [    6.504437] socfpga-dwmac ff800000.ethernet eth0: Link is Up - 100Mbps/Full - flow control rx/tx
    udhcpc: sending discover
    udhcpc: sending select for 10.122.105.61
    udhcpc: lease of 10.122.105.61 obtained, lease time 3600
    /etc/udhcpc.d/50default: Adding DNS 10.248.2.1
    /etc/udhcpc.d/50default: Adding DNS 10.2.71.6
    /etc/udhcpc.d/50default: Adding DNS 10.31.40.4
    done.
    hwclock: can't open '/dev/misc/rtc': No such file or directory
    Starting syslogd/klogd: done
    
    Poky (Yocto Project Reference Distro) 3.0.2 linux /dev/ttyS0
    
    linux login: root
    root@linux:~# 
  3. 次のコマンドを実行して、stratix10-rsuカーネルドライバーをロードします。
    root@linux:~# insmod stratix10-rsu.ko
  4. パラメーターを指定せずに rsu_client を実行して、ヘルプメッセージを表示します。
    root@linux:~# ./rsu_client 
    --- RSU app usage ---
    -c|--count                        get the number of slots
    -l|--list slot_num                list the attribute info from the selected slot
    -z|--size slot_num                get the slot size in bytes
    -p|--priority slot_num            get the priority of the selected slot
    -E|--enable slot_num              set the selected slot as the highest priority
    -D|--disable slot_num             disable selected slot but to not erase it
    -r|--request slot_num             request the selected slot to be loaded after the next reboot
    -R|--request-factory              request the factory image to be loaded after the next reboot
    -e|--erase slot_num               erase app image from the selected slot
    -a|--add file_name -s|--slot slot_num  add a new app image to the selected slot
    -u|--add-factory-update file_name -s|--slot slot_num  add a new factory update image to the selected slot
    -A|--add-raw file_name -s|--slot slot_num  add a new raw image to the selected slot
    -v|--verify file_name -s|--slot slot_num  verify app image on the selected slot
    -V|--verify-raw file_name -s|--slot slot_num  verify raw image on the selected slot
    -f|--copy file_name -s|--slot slot_num  read the data in a selected slot then write to a file
    -g|--log                          print the status log
    -n|--notify value                 report software state
    -C|--clear-error-status           clear errors from the log
    -Z|--reset-retry-counter          reset current retry counter
    -m|--display-dcmf-version         print DCMF version
    -h|--help                         show usage message
  5. 現在のステータスを表示する rsu_client コマンドを実行すると、スロット0 (パーティションP1) からのアプリケーション・イメージがエラーなしでロードされていることが示されます。
    root@linux:~# ./rsu_client --log
          VERSION: 0x00000202
            STATE: 0x00000000
    CURRENT IMAGE: 0x0000000001000000
       FAIL IMAGE: 0x0000000000000000
        ERROR LOC: 0x00000000
    ERROR DETAILS: 0x00000000
    RETRY COUNTER: 0x00000000
    Operation completed
  6. スロットに関する情報を表示するRSUクライアント・コマンドを実行します。
    root@linux:~# ./rsu_client --count
    number of slots is 3
    Operation completed
    root@linux:~# ./rsu_client --list 0
          NAME: P1
        OFFSET: 0x0000000001000000
          SIZE: 0x01000000
      PRIORITY: 1
    Operation completed
    root@linux:~# ./rsu_client --list 1
          NAME: P2
        OFFSET: 0x0000000002000000
          SIZE: 0x01000000
      PRIORITY: [disabled]
    Operation completed
    root@linux:~# ./rsu_client --list 2
          NAME: P3
        OFFSET: 0x0000000003000000
          SIZE: 0x01000000
      PRIORITY: [disabled]
    Operation completed
  7. スロット1を消去し、application2.rpd アプリケーション・イメージをスロット1 (パーティションP2) に追加します。
    root@linux:~# ./rsu_client --erase 1
    Operation completed
    root@linux:~# ./rsu_client --add application2.rpd --slot 1
    Operation completed
  8. アプリケーション・イメージがフラッシュに正しく書き込まれたことを確認します。
    root@linux:~# ./rsu_client --verify application2.rpd --slot 1
    Operation completed
  9. スロットを再度リストします。これは、最も高い優先度 (つまり、最も低い優先度番号) を持つ最後に書き込まれたパーティションP2イメージを示しています。
    root@linux:~# ./rsu_client --list 0
          NAME: P1
        OFFSET: 0x0000000001000000
          SIZE: 0x01000000
      PRIORITY: 2
    Operation completed
    root@linux:~# ./rsu_client --list 1
          NAME: P2
        OFFSET: 0x0000000002000000
          SIZE: 0x01000000
      PRIORITY: 1
    Operation completed
    root@linux:~# ./rsu_client --list 2
          NAME: P3
        OFFSET: 0x0000000003000000
          SIZE: 0x01000000
      PRIORITY: [disabled]
    Operation completed
  10. ボードの電源を再投入して、Linux*を起動し、RSUモジュールをロードしてステータスを表示します。実行中のパーティションP2からのイメージが表示されます。
    root@linux:~# insmod stratix10-rsu.ko 
    root@linux:~# ./rsu_client --log
          VERSION: 0x00000202
            STATE: 0x00000000
    CURRENT IMAGE: 0x0000000002000000
       FAIL IMAGE: 0x0000000000000000
        ERROR LOC: 0x00000000
    ERROR DETAILS: 0x00000000
    RETRY COUNTER: 0x00000000
    Operation completed
  11. 次の reboot コマンドでSDMからスロット0 (パーティションP1) を要求するようにRSUクライアントに指示します。
    root@linux:~# ./rsu_client --request 0
    Operation completed
  12. reboot コマンドを実行して、Linux*を再起動します。
    root@linux:~# reboot
  13. Linux*にログインし、カーネルドライバをロードして、RSUステータスを表示します。
    root@linux:~# ./rsu_client --log
          VERSION: 0x00000202
            STATE: 0x00000000
    CURRENT IMAGE: 0x0000000001000000
       FAIL IMAGE: 0x0000000000000000
        ERROR LOC: 0x00000000
    ERROR DETAILS: 0x00000000
    RETRY COUNTER: 0x00000000
    Operation completed

    ステータスは、要求に応じて、パーティションP1からのイメージがロードされたことを示します。