インテル® Agilex™ ハード・プロセッサー・システム (HPS) のリモート・システム・アップデート・ユーザーガイド

ID 683184
日付 7/10/2020
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

2.7. フラッシュへの保護されたアクセス

HPSがブートローダーでQSPIフラッシュの所有権を取得した後、HPSはQSPIに完全にアクセスできるようになり、フラッシュが破損する可能性があります。

システムが動作不能になるリスクを最小限に抑えるために、決定ファームウェア、決定ファームウェア・データ、およびファクトリー・イメージ領域はLinux* Memoryテクノロジー・デバイス (MTD) のデバイスとして公開されません。

フラッシュを保護する別のオプションは、QSPIベンダー固有のコマンドを使用して、決定ファームウェア、決定ファームウェア・データ、およびファクトリー・イメージ領域を読み出し専用としてマークすることです。ただし、その結果、決定ファームウェア、決定ファームウェア・データ、およびファクトリー・イメージ領域を更新するための手順がより複雑になる可能性があります。