インテル® Quartus® Prime プロ・エディションのユーザーガイド: デザイン制約

ID 683143
日付 10/16/2019
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

2.3.4. Planタブのコントロール

Planタブには、インターフェイス・プランのロジックを見つけて配置するのに役立つ次のコントロールが含まれています。 Plan Designをクリックして、Planタブを表示します。

インターフェイス・プランでの配置または配置解除は、生成されたInterface Planner制約スクリプトをプロジェクトに追加するまで、プロジェクトの インテル® Quartus® Primeには適用されません。

表 6.  Planタブのコントロール
コマンド 説明
配置のための正当な場所をリストします。 
Locate Node 選択したデザイン要素が階層データベースで参照されている インテル® Quartus® Prime プロ・エディションツールのリストを表示します。Design Elementsリストの特定の要素に対してLocate Nodeコマンドが無効になっている場合、その要素はデザイン内の要素として表されていないためです。
Autoplace All 配置されていないすべてのデザイン要素をインターフェイス・プランのイネーブルな位置に配置しようとします。
Autoplace Fixed イネーブルな場所が1つしかない未配置のデザイン要素をすべてインターフェイス・プランに配置しようとします。
Unplace All インターフェイス・プランに配置されたすべてのデザイン要素を配置解除します。
Right-click > Auto-place selected element 選択したデザイン要素とそのすべての子を、インターフェイス・プランのイネーブルな場所に配置しようとします。
Chip View ターゲット・デバイス・チップを表示します。ズームインしてチップの詳細を表示します。
Package View ターゲット・デバイス・パッケージを表示します。ズームインしてチップの詳細を表示します。
I/O バンク PlanタブでI/Oバンクを選択して色分けします。
Show Differential Pin Pair Connections 一対の差動ピン間の赤い接続線を表示します。パッケージビューでは、正と負のピンにそれぞれ文字pとnのラベルが付けられます。 
Show PCIe Hard IP Interface Pins PlanタブでPCIeハードIPインターフェイスピンを選択して色分けします。このコマンドにアクセスするには、Planタブのパッケージビューで右クリックし、x1 Lanesx2 Lanesx4 Lanesx8 Lanes 、または16 Lanesを選択します。イネーブルにした後、 Color Legendで色分けを表示します。
Show DQ/DQS Pins PlanタブでPCIeハードIPインターフェイスピンを選択して色分けします。このコマンドにアクセスするには、Planタブのパッケージビューで右クリックし、x1 Lanesx2 Lanesx4 Lanesx8 Lanes 、または16 Lanesを選択します。イネーブルにした後、 Color Legendで色分けを表示します。
Right-click > Report Placeability of Selected Element Reportsタブに詳細情報を表示し、選択したセルのインターフェイス・プラン内のイネーブルな場所をフィッティングに適している順に表示します。
Copy Current View 現在のインターフェイス・プランをクリップボードにコピーして、ワードプロセッサやプレゼンテーションファイルなどの他のファイルに貼り付けます。
Reset Plan 配置されたすべてのデザイン要素を配置解除し、適用されたプロジェクト割り当てをインターフェイス・プランから削除します。すべてのプロジェクトの割り当てをイネーブルな状態にリセットします。その後、デザイン要素を配置する前にUpdate Planを実行する必要があります。このコマンドはインターフェイス・プランにのみ適用され、Interface Plannerスクリプトを適用するまで インテル® Quartus® Primeプロジェクトの割り当てには影響しません。
Load Floorplan Interface Planner Floorplan Format(.plan)ファイルを選択してロードできます。Save Floorplanをクリックして、Interface Plannerフロアプラン・ファイルを形式で保存できます。
Save Floorplan Interface Plannerフロアプランを.planファイルとして保存できます。
Undo/Redoボタン Undoボタンは、Planタブで行った最後の変更を元に戻します。Redoは最後の取り消しを再実装します。これらのコマンドを使用して、プランを変更しても前後にステップします。
図 18. 差動ピンペアのカラー・コーディング