インテル® Quartus® Prime プロ・エディションのユーザーガイド: デザイン制約

ID 683143
日付 10/16/2019
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

1.2.2. ピンの割り当て

ピンまたはデバイスの位置に信号を割り当てるには、次の例に示すTclコマンドを使用します。 

set_location_assignment -to <signal name> <location>

イネーブルな場所はピンの場所名です。一部のデバイスファミリーは、エッジおよびI/Oバンクの場所もサポートしています。エッジの場所はEDGE_BOTTOMEDGE_LEFTEDGE_TOP、およびEDGE_RIGHTです。 I/Oバンクの場所にはIOBANK_1からIOBANK_nが含まれます。nはデバイス内のI/Oバンクの数です。