PCI Express*向け F タイル Avalon® ストリーミングのインテル® FPGA IPユーザーガイド

ID 683140
日付 12/17/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

4.1.1. Single-Root I/O Virtualization (SR-IOV)

PCIe用のFタイルIPは、SR-IOVをサポートします。 IPのエンドポイントポートコントローラは、SR-IOVエンドポイントごとに最大8つの物理機能(PF)と2048の仮想機能(VF)をサポートします。 VFコンフィグレーション・スペースレジスターはFタイルで強化されているため、FPGAファブリックリソースを必要としません。特定のVFベースのワークキューと割り込みテーブルは、ユーザー・アプリケーションによってFPGAファブリックに実装する必要があります。

表 25.  SR-IOVがサポートする機能のリスト
機能 サポート
SR-IOV

x16/x8コントローラーEPモードでサポートされます。

ROMモード以外ではサポートされていません。

MSI

PFでのみサポートされます。 VFではサポートされていません。

ベクトルごとのマスキングなし(PVM)。PVMが必要な場合は、MSI-Xを使用する必要があります。

注: SR-IOVを有効にする場合は、MSIまたはMSI-Xのいずれかを有効にする必要があります。
MSI-X

すべてのPFでサポートされています。

SR-IOVの場合、PFとVFは常にMSI-Xに対応しています。

注: VFは共通のテーブルサイズを共有します。VFテーブルのBIR/オフセットとPBAのBIR/オフセットはコンパイル時に固定されます。
注: SR-IOVを有効にする場合は、MSIまたはMSI-Xのいずれかを有効にする必要があります。
Function Level Reset (FLR)

すべてのPF/VFでサポートされています。

すべてのSR-IOV機能に必要です。

拡張タグ

すべてのPF/VFでサポートされています。拡張タグ機能を使用すると、TLPタグフィールドを8ビットにすることができるため、256個のタグをサポートできます。

アプリケーションは、すべての機能を組み合わせた場合、常に最大256個の未処理のタグに制限されていることに注意してください。

アプリケーション・ロジックは、タグの生成/追跡機能を実装する役割を果たします。

10ビットワード

すべてのPFでサポートされます。

x16は、10ビットのタグコンプリーターおよびリクエスター機能をサポートします。

x8は、10ビットのタグコンプリーター機能をサポートします。

AER PFは常にAER対応です。 VFにはAERは実装されていません。
Active-State Power Management(ASPM) Optionality Compliance

すべてのPF/VFでサポートされています。

ASPMがサポートされていないことを示すためにのみ使用されます。

Atomic Ops

リクエスター機能は、すべてのPF/VFでサポートされています。

コンプリーター機能がサポートされています。

Compare and Swap (CAS)AtomicOpsもサポートされています。最大128ビットのオペランドを処理できます。

Internal Error Reporting

すべてのPFでサポートされています(すべてのPFがAER対応であるため)。 VFはサポートされていません(VFはAERをサポートしていないため)。

TLP Processing Hints

2ビット処理ヒントと8ビットステアリングタグは、すべてのPF/VFでサポートされています。TPHプレフィックスはサポートされていません。

オプションで、TPHリクエスター機能を有効にすることを選択できます。ただし、IPは常にTPHコンプリーターに対応しています。

ID-Based ordering

すべてのPF/VFでサポートされています。

ただし、IPコアは並べ替えを実行しません。アプリケーション層はこれを行う必要があります。

IPコアは、Device Control2レジスターのIDORequest&CompletionEnableビットのみを提供します。これにより、アプリケーションは、送信する要求と完了にAttrビットを設定することができます。

注: RX側の並べ替え機能は、バイパスキューによって制限される場合があります。 TX側では、IPコアは内部で生成されたTLPにIDOビットを設定しません。
Relaxed Ordering

RX側に実装されています。この機能は常にアクティブです。

TX側では、並べ替えはアプリケーションによって行われます。

Alternative Routing ID Interpretation (ARI)

EP(PF / VF)は常にARI対応です。これはデバイスレベルのオプションです(すべてのレーンまたはどれもARIをサポートしません)。

さらに、RPは常にARI対応です(ARI転送サポートビットは常に1です)。

Address Translation Service (ATS) すべてのEPPF/VFでサポートされています。
Page Request Service Interface (PRI) すべてのEPPF/VFでサポートされています。
User Extensions (Customer VSEC) すべてのPF/VFでサポートされています。
Gen3 Receiver Impedance (3.0 ECN) サポート有
Device Serial Number サポート有
Completion Timeout Ranges (Device Capabilities 2) すべての範囲がサポートされています。
Data Link Layer Active Reporting Capability (Link Capabilities) この機能は常にRPモードでサポートされますが、EPモードではサポートされません。
Surprise Down Error Reporting Capability (Link Capabilities) サポート有
PM-PCI Power Management D0/D3状態のみがサポートされています。
10.1376G (L0s/L1) サポート無し
Process Address Space ID (PASID) サポート有
TLP prefix 主にPASIDでサポートされています。
Latency Tolerance Reporting (LTR) サポートされています(PASIDの場合のみ)。
Access Control Services サポート有