PCI Express*向け F タイル Avalon® ストリーミングのインテル® FPGA IPユーザーガイド

ID 683140
日付 12/17/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

4.4. スケーラブルなIOV

スケーラブルIOVは、次世代CPUサーバープラットフォームを対象とした新開発のIntel仮想化ソリューションです。スケーラブルなIOVまたはSIOVは、ソフトウェアベースの仮想化をサポートするために多くの既存のPCI Express機能構造を利用します。スケーラブルIOVは、物理機能や仮想機能に依存することなく、よりコスト効果とスケーラブルな仮想化スキームを提供します。

ハードウェアベースのPF/VFリソースの代わりに、システムソフトウェアセグメントはアドレス空間を割り当て可能なインターフェイスまたはAIに分割します。 AIは、VFに代わる軽量のデータ構造です。 AIのコンフィグレーション・スペースは、ソフトウェアによってエミュレートされます。したがって、SIOVのハードウェアサポートは安価です。

次に、ホスト・ソフトウェアはProcess Space Identified(PASID)TLPプレフィックスを使用して、ゲスト物理アドレス(GPA)およびホスト物理アドレス(HPA)テーブルにインデックスを付け、適切な物理アドレスに変換します。ゲストOSドライバーには、ホストOS/VMによって1つ以上のAIを割り当てることができます。

PASIDプレフィックスをサポートする場合、PCIeコントローラーはヘッダーの追加の32ビットTLPプレフィックス部分をPLDファブリックに渡して、ソフトロジックベースのAIを構築します。