PCI Express*向け F タイル Avalon® ストリーミングのインテル® FPGA IPユーザーガイド

ID 683140
日付 12/17/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

7.4.4. アプリケーション層への読み出しおよび書き込みトランザクションの発行

ルート・ポート・アプリケーション層は、altpcietb_g3bfm_rdwr.vebfm_barプロシージャの1つを呼び出すことにより、読み取りおよび書き込みトランザクションを発行します。 以下にリストされている手順と関数は、Verilog HDLインクルード/ファイルaltpcietb_g3bfm_rdwr.vで使用できます。 使用可能な手順と機能の完全なリストは次のとおりです。

  • ebfm_barwr:BFM共有メモリ-から特定のエンドポイントBARからのオフセットにデータを書き込みます。 このプロシージャ-は、要求が送信のためにVCインターフェイス/モジュールに渡されるとすぐに戻ります。
  • ebfm_barwr_imm:最大4バイトの即時データ(プロシージャー・コールで渡される)を特定のエンドポイントBARからのオフセットに書き込みます。 このプロシージャーは、要求が送信のためにVCインターフェイスモジュールに渡されるとすぐに戻ります。
  • ebfm_barrd_wait: 特定のEndpoint BARのオフセットからデータを読み出し、BFM共有メモリーに格納します。このプロシージャーは、呼び出し側にコントロールを返す前に、コンプリーション・データが返されるのを待ってからブロックします。
  • ebfm_barrd_nowt: 特定のEndpoint BARのオフセットからデータを読み出し、それをBFM共有メモリーに格納します。このプロシージャーは、要求が送信のためにVCインターフェイス・モジュールに渡されるとすぐに戻ります。これにより、後に続く読み出しをすぐに発行できます。

これらのルーチンは、パラメーターとして、メモリースペースにアクセスするためのBAR番号と、ebfm_cfg_rp_epプロシージャーによって設定されたbar_tableデータ構造のBFM共有メモリアドレスを取ります。 (ルートポートとエンドポイントの構成を参照してください。)これらのパラメーターを使用すると、特定のBARからのオフセットにアクセスするBFMテストドライバールーチンが簡素化され、指定されたBARに割り当てられたアドレスの計算が不要になります。

ルートポートBFMは、エンドポイントI/OスペースBARへのアクセスをサポートしていません。