PCI Express*向け F タイル Avalon® ストリーミングのインテル® FPGA IPユーザーガイド

ID 683140
日付 12/17/2021
Public

このドキュメントの新しいバージョンが利用できます。お客様は次のことを行ってください。 こちらをクリック 最新バージョンに移行する。

ドキュメント目次

7.5.1. ebfm_barwrプロシージャー

ebfm_barwr プロシージャーは、BFM共有メモリーのデータブロックを、指定されたEndpoint BARからのオフセットに書き込みます。長さは、コンフィグレーションされた MAXIMUM_PAYLOAD_SIZE より長くなる可能性があります。このプロシージャーは、必要に応じて要求を複数のトランザクションに分割します。このルーチンは、最後のトランザクションがVCインターフェイス・モジュールに受け入れられるとすぐに戻ります。

ロケーション

 

シンタックス

ebfm_barwr (bar_table, bar_num, pcie_offset, lcladdr, byte_len, tclass)

引数

bar_table

BFM共有メモリーのEndpoint bar_table 構造のアドレスです。bar_table 構造は各BARに割り当てられたアドレスを格納するため、ドライバーコードは、BARからのアプリケーション特有のオフセットのみを実際に割り当てられたアドレスを認識する必要はありません。

bar_num

PCI Expressアドレスを決定するために pcie_offset で使用されるBARの番号

pcie_offset

BARベースからのアドレス・オフセット。

lcladdr

書き込まれるデータのBFM共有メモリーアドレス

byte_len

書き込まれるデータの長さ (バイト数)。BAR領域またはBFM共有メモリー内の残りの最小バイト数は1からになります。

tclass

PCI Expressトランザクションに使用するトラフィック・クラス。