インテル® FPGA SDK for OpenCL: カスタム・プラットフォーム・ツールキット・ユーザーガイド

ID 683085
日付 10/31/2016
Public
ドキュメント目次

1.4.2.1.1. board_env.xml ファイルのテスト

board_env.xmlファイルを生成した後、ボード・インストレーション・ディレクトリー内のファイルをテストし、 インテル® FPGA SDK for OpenCL™オフライン・コンパイラーがボード・インストレーションを認識するようにします。

  1. board_env.xmlファイルが存在するカスタム・プラットフォーム・サブディレクトリーを指すように、環境変数AOCL_BOARD_TOOLKIT_ROOTを設定します。
  2. コマンドプロンプトで、 aocl board-xml-test コマンドを呼び出し、 インテル® FPGA SDK for OpenCL™ が正しいフィールド値を検索できるかを確認します。
    SDKは、下に類似した出力を生成します。
    
    board-path       = <path_to_a10_ref>
    board-version    = 16.1
    board-name       = a10_ref
    board-default    = a10gx_es3
    board-hw-path    = <path_to_a10_ref>/hardware/a10_ref
    board-link-flags = /libpath:<path_to_a10_ref>/windows64/lib
    board-libs       = alterahalmmd.lib altera_a10_ref_mmd.lib
    board-util-bin   = <path_to_a10_ref>/windows64/libexec
    board-mmdlib     = <path_to_a10_ref>/windows64/bin/altera_a10_ref_mmd.dll
  3. aoc --list-boards コマンドを呼び出し、オフライン・コンパイラーがカスタム・プラットフォームでボード・バリエーションを識別して通知できるかを確認します。
    例えば、カスタム・プラットフォームに 2 つの FPGA ボードが含まれている場合、SDKは次のいずれかに類似した出力を生成します。
    Board list:
       <board_name_1><board_name_2>

最後のボード・インストレーション・テストは、オフライン・コンパイラーを使用してボードのデザインを生成する際に行われます。