Fタイル・イーサネット・インテル® FPGAハードIPユーザーガイド

ID 683023
日付 3/28/2022
Public
ドキュメント目次

7.4.2. TX MACセグメント化クライアント・インターフェイス (Preamble Passthroughがイネーブルの場合)

パラメーター・エディターでPreamble Passthroughをオンにする場合は、TX MACセグメント化クライアント・インターフェイスに8プリアンブル・バイトを提供してください。
次の表は、Preamble Passthroughパラメーターがイネーブルされている場合のTX MAC segmentedフィールドの位置を示しています。
  • MII Start of Packet制御バイトは、常に最初のプリアンブル・バイトに置き換わります。
  • ビット[55:8] はプリアンブル・ビットです。通常は0x55値に設定されます。
  • ビット[63:56] は最後のプリアンブル・バイトです。標準のプリアンブルでは、Start Frame Delimeter 0xD5値に設定されます。
表 40.   i_tx_mac_data 内のTX MACセグメント化フィールドの位置 (Preamble Passthroughがイネーブルの場合)
重要:

10GE/25GEでは、ヘッダーデータに対して複数の転送サイクルが必要です。

10GE/25GE i_tx_mac_data 列の記号 (') は、後続のサイクルでの転送を表します。

10GE/25GE i_tx_mac_data 列の記号 ('') は、後続の2番目のサイクルでの転送を表します。

100GE/400GE

i_tx_mac_data

40GE/50GE

i_tx_mac_data

10GE/25GE

i_tx_mac_data

MACフィールド 注意
[7:0] [7:0]' [7:0]'' Custom Preamble [7:0] MII SOP制御チャネルに置き換えられます。
[15:8] [15:8]' [15:8]'' Custom Preamble [15:8] 0x55
[23:16] [23:16]' [23:16]'' Custom Preamble [23:16] 0x55
[31:24] [31:24]' [31:24]'' Custom Preamble [31:24] 0x55
[39:32] [39:32]' [39:32]'' Custom Preamble [39:32] 0x55
[47:40] [47:40]' [47:40]'' Custom Preamble [47:40] 0x55
[55:48] [55:48]' [55:48]'' Custom Preamble [55:48] 0x55
[63:56] [63:56]' [63:56]'' Custom Preamble [63:56] 0xD5 (SFD)
[71:64] [71:64]' [7:0]' Dest Addr[47:40]  
[79:72] [79:72]' [15:8]' Dest Addr[39:32]  
[87:80] [87:80]' [23:16]' Dest Addr[31:24]  
[95:88] [95:88]' [31:24]' Dest Addr[23:16]  
[103:96] [103:96]' [39:32]' Dest Addr[15:8]  
[111:104] [111:104]' [47:40]' Dest Addr[7:0]  
[119:112] [119:112]' [55:48]' Src Addr[47:40] Source Address Insertionをオンにすると、内容が txmac_saddr に置き換えられます。ただし、i_tx_skip_crc がHighの場合を除きます。
[127:120] [127:120]' [63:56]' Src Addr[39:32]
[135:128] [7:0] [7:0] Src Addr[31:24]
[143:136] [15:8] [15:8] Src Addr[23:16]
[151:144] [23:16] [23:16] Src Addr[15:8]
[159:152] [31:24] [31:24] Src Addr[7:0]
[167:160] [39:32] [39:32] Length/Type[15:8]  
[175:168] [47:40] [47:40] Length/Type[7:0]  
[…:176] [127:48] [63:48]