Fタイル・イーサネット・インテル® FPGAハードIPユーザーガイド

ID 683023
日付 3/28/2022
Public
ドキュメント目次

7.1. ステータス・インターフェイス

Fタイル・イーサネット・インテル® FPGAハードIPコアでいくつか提供しているステータス信号では、IPコアの動作およびIPコア出力クロックの安定性に対する可視性をサポートしています。
表 30.  ステータス信号すべてのステータス信号は、i_stats_snapshot 信号を除いて非同期です。

信号

概要

o_rx_block_lock

非FECおよびFirecode FECバリアントでは、アサートされるのは、IPコアによって、66ビットのブロック境界アライメントがすべてのPCSレーンで完了したときです。

それ以外の場合、アサートされるのは、IPコアによるコードワードのアライメントが完了したときです。

o_rx_am_lock アサートされるのは、RX PCSによるアラインメント・マーカーの検出と、PCSレーンのデスキューが完了したときです。

10G/25Gバリアントではサポートされていません。

o_local_fault_status アサートされるのは、RX MACによってローカル障害が検出されたときです (RX PCSによってデータの受信を妨げる問題が検出された場合)。この信号が機能するのは、パラメーター・エディターで、Client Interfaceパラメーターを MAC segmented または MAC Avalon ST の値に設定した場合のみです。
o_remote_fault_status アサートされるのは、RX MACによってリモート障害が検出された (リモート・リンク・パートナーからリモート障害順序付きセットが送信されて、データ受信ができないことが示されている) 場合です。この信号が機能するのは、パラメーター・エディターで、Client Interfaceパラメーターを MAC segmented または MAC Avalon ST の値に設定した場合のみです。
i_stats_snapshot IPコアに指示して、統計レジスターの現在のステートのスナップショットを記録させます。この信号をアサートして、TXとRXの両方の統計レジスターのシャドウ要求フィールドの機能を同時に実行するか、その機能をIPコアの複数のインスタンスに対して同時に実行します。

この信号は i_clk_tx クロックに同期しています。

o_rx_hi_ber アサートされると、RX PCSがIEEE 802.3-2015 Standard のFigure 82-15に従ってHI BERステートにあることを示します。IPコアでは、この信号をオートネゴシエーションおよびリンク・トレーニングに使用します。
o_rx_pcs_fully_aligned RX PCSでデータの受信準備ができたときにアサートします。
図 25. リンク起動時のステータス・インターフェイスのビヘイビア (双方向リンク障害がある場合)波形は、起動時のIPコアのステータス信号の動作を示しています。
図 26. リンク起動時のステータス・インターフェイスのビヘイビア (単方向またはリンク障害がディスエーブルの場合)波形は、起動時のIPコアのステータス信号のビヘイビアを示しています。
図 27.  i_stats_snapshot フリーズ中のステータス・インターフェイスのビヘイビア波形は、i_stats_snapshot 信号を使用して統計CSRをフリーズした場合のイベントを示します。ベースになるカウンターは継続してIPコアイベントを追跡することに注意してください。