Fタイル・イーサネット・インテル® FPGAハードIPユーザーガイド

ID 683023
日付 3/28/2022
Public
ドキュメント目次

4.2.2.6. RXアンダーサイズ・フレーム、オーバーサイズ・フレーム、および長さエラーのあるフレーム

RX MACでは、RXフレームが到達時に64バイト未満である場合は、アンダーサイズのフラグを立てます。FCSについてはチェックしません。RX MACでは、アンダーサイズ・フレームにマークを付けるために、フレーム終了時に o_rx_error[2] をアサートするか、o_rx_mac_error[2:0] = 2'b2 をEOP上に設定します。

RX MACでは、RXフレームが到達する時のバイトがパラメーター・エディターで指定したRX Maximum Frame Size値より大きい場合、オーバーサイズのフラグを立てます。RX MACでは、オーバーサイズ・フレームにマークを付けるために、フレーム終了時に o_rx_error[2] をアサートするか、o_rx_mac_error[1:0] = 2'b2に設定します。

パラメーター・エディターでEnforce maximum frame sizeをオンにした場合、オーバーサイズ・フレームは、RXクライアント・インターフェイスでは許可されません。フレームは最大サイズに達すると終了し、RX MACでは o_rx_error[2]o_rx_error[1] の両方をアサートして、フレームが切り捨てられたことを示します。

RXフレーム到着時のLengthフィールドが有効 (Length/Type ≤ 1500) である場合は、長さエラーがチェックされます。Length/Typeフィールドでアドバタイズされたパケットが、実際に到達したフレームより長い場合は、RX MACでは o_rx_error[4] をアサートするか、EOP上で o_rx_mac_error[1:0] = 2'b3に設定して、長さエラーがあったことを示します。