Fタイル・イーサネット・インテル® FPGAハードIPユーザーガイド

ID 683023
日付 3/28/2022
Public
ドキュメント目次

4.2.3.4. 一時停止制御フレームのフィルタリング

Fタイル・イーサネット・インテル® FPGAハードIPでサポートするオプションにより、着信一時停止制御フレームに対して次の機能をイネーブルまたはディスエーブルできます。このオプションが使用できるのは、Stop TX traffic when link partner sends pauseパラメーターをDisable Flow Controlに設定しない場合です。

フィルタリングの場合、PAUSEパケットとPFCパケットが処理されるのは、その送信先アドレスが rx_pause_daddr レジスターで指定されたアドレスと一致する場合のみです。

  • Forward RX Pause Requestsをパラメーター・エディターでオンにすると、RX PAUSEおよびPFCフレームは、常にRXクライアントに渡されます。これは、処理中の場合でも同様です。
  • Forward RX Pause Requestsをパラメーター・エディターでオフにすると、RX PAUSEおよびPFCパケットは内部で処理され、RXクライアントに有効なパケットとして提示されることはありません。

PAUSEまたはPFCパケットの送信先アドレスは、rx_pause_daddr レジスターに一致させます。Length/Typeフィールドは0x8808に設定し、パケットの最初の2バイトは0x0001または0x0101に設定してください。

PAUSEまたはPFCを実際にトリガーするには、パケットの長さが正しく、FCSエラーがないことを確認してください。このような状態は、パケット全体の到着までは分かりません。そのためForward RX Pause Requestsをオフにすると、パケットがフィルタリングされていることがあります。これは、パケットがPAUSEまたはPFCパケットのように見えるからですが、サイズが間違っているかエラーがあるため処理されません。