エッジでのデバイスの数が増えるなか、セキュリティーが優先事項になり続けています。インテルは、お客様がエッジデバイスから信頼できる基盤を構築できるよう設計されたハードウェア・ベースのセキュリティー機能を備え、エッジを保護するための基盤セキュリティー機能を1

IoT アプリケーションに関するインテルの基盤セキュリティー機能

インテルは、セキュリティーを念頭に置いて、影響の大きなソリューションを提供するユーザーをサポートします。インテルは、IoT のセキュリティーに関する 4 つの基盤カテゴリーに投資しています。

  • プラットフォームの完全性
  • データ、キー、ID の保護を改善
  • 暗号化アクセラレーション
  • 信頼性の高い実行

これらの重要なセキュリティー機能は、すべての IoT 製品全体で提供され、お客様がエッジデバイスにセキュリティーを組み込むのに利用できます。高いセキュリティー・モデルを実現するために、デバイスには、基盤的なセキュリティー機能を利用する機器を搭載する必要があります。

プラットフォームの完全性

インテルのプラットフォームの完全性は、プラットフォームの重要なファームウェア、コード、データのハードウェアの root of trust-based protection を活用することで、プラットフォームの改ざんを軽減します。

主な機能: インテル® Boot Guard

データ、キー、ID の保護を改善

インテルは、改ざんに強いデータ、キー、資格情報保護のために統合されたディスクリート・オプションを提供します。

主な機能: インテル® Platform Trust Technology (インテル® PTT)

内蔵暗号ハードウェア

インテルは、プラットフォームの効率性と全体的なコンピューティング・パフォーマンスを向上させるハードウェア高速化された暗号化とセキュアな鍵生成を提供します。

主な機能: インテル® Advanced Encryption Standard New Instructions (インテル® AES-NI)

信頼性の高い実行

共有リソースを使用してアプリケーションやワークロード実行環境向けハードウェア・ベースの保護を確立します。

主な機能: インテル® Virtualization Technology (インテル® VT)

IoT セキュリティー・リソース

セキュリティー・センター

インテルのセキュリティー・ファーストへの誓約と最新のアドバイザリーの詳細については、セキュリティー・センター を参照してください。

訪問

IoT セキュリティー・ドキュメント

IoT セキュリティー・テクノロジーに関連する設計ドキュメントを取得します。

ドキュメントを参照

インテル® IoT プラットフォーム

基盤セキュリティー機能は、すべての IoT プラットフォームで利用できます。インテルのエッジ対応コンピューティングおよび接続テクノロジーのポートフォリオを活用して、エッジ・アプリケーションを迅速に導入します。

IoT プラットフォームの詳細

免責事項

1

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

上記の情報には、便宜上、元のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。英語ページを表示したい場合は、左のアイコンをクリックしてください。 英語表示