インテルのリアルタイム・テクノロジーは、ネットワーク・デバイス内およびネットワーク・デバイス間の両方で、高い調整を必要とする新しいソリューションをサポートします。インテル® Time Coordinated Computing (インテル® TCC) 対応プロセッサーは、ユーザーのリアルタイム・アプリケーションに最適なコンピューティングとタイム・パフォーマンスを 1。IEEE 802.1 Time Sensitive Networking (TSN) を搭載した統合イーサネット・コントローラーまたはディスクリート・イーサネット・コントローラーを使用すると、これらのプロセッサーは複雑なリアルタイム・システムに電力を供給できます。

リアルタイムの使用事例を有効にする

インテル® IoT リアルタイム・コンピューティングのパフォーマンスとソリューションは、期限の不足がシステム障害であるハードなリアルタイムの使用例に焦点を当てしています。ロボット工学、自動車、公益事業など、割り当てられた期間 (期限) 内に実行できない機能が故障する領域では、ハードなリアルタイムが必要です。

インテルのリアルタイム・オファリングは、以下の方法で高コンピューティングとリアルタイムのパフォーマンスを提供する新しいソリューションをサポートしています。

  • キャッシュ、メモリー、ネットワーキングへのリアルタイム・ワークロードアクセスの優先順位付け
  • 他のワークロードからの中断を最小限に抑える
  • リアルタイム・ワークロードと非リアルタイム・ワークロードの両方に最適化されたパフォーマンス
  • ネイティブ環境と仮想化環境の両方で可用性を確保

リアルタイム・パフォーマンス

インテル® TCCと TSN

インテル® TCC時間同期
個々の IP ブロックに搭載されている各種クロックを調整するハードウェア・メカニズムを提供します。

インテル® TCCタイムライン
機能ブロック間のデータパケットのレイテンシーを指定するハードウェア・メカニズムを提供します。

T
ime-Sensitive Networking (TSN)

スイッチド・イーサネット・ネットワーク経由のスケジュールされたトラフィックの制限付き最大レイテンシーを提供します。TSN とは、IEEE TSN タスクグループで定義されている IEEE 802 規格のセットです。これらの規格により、イーサネット経由で極めて信頼性の高い低レイテンシー通信を実現し、タイム・センシティブなアプリケーションをサポートします。TSN は、時間同期、トラフィック・スケジューリング、ネットワーク構成を使用してこれを実現します。

免責事項

1

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。