自律世界で安全に取り組む統合プラットフォーム

機能安全とは、電気的および / または電子的 (E/E) システムの誤作動による不合理なリスクがないことを示します。

IoT におけるソフトウェア定義の自律的モノの急増により、企業は新たな技術的課題や責任の懸念を抱えています。機能安全は、技術と方法論の組み合わせによって、これらの懸念に対処しています。

IEC 61508 (産業用) や ISO 26262 (車載向け) などの国際規格 FuSa 規格では、製品を FuSa 対応として分類するための要件が定義されています。FuSa へのインテルの投資により、お客様はロボット工学、自律システム、産業制御などの安全上重要なアプリケーションとワークフローの開発を加速し、市場投入までの時間の優位性を1.

包括的なアプローチ

インテルの機能安全テクノロジーにより、お客様は安全上重要な要件を満たしながら開発を加速できます。

注: お客様は、該当する安全関連要件または規格の遵守を含め、システム全体の安全性に関して責任を負います。

免責事項

1

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。