生徒が学習を継続できるようスピーディーに対応

逆境で成し遂げられる業績の背後には、パートナーシップの力があります。

世界的なパンデミックにより、インドで最も人口の多い大都市で何十万人もの生徒が学校に通えなくなったため、インテルは Career Launcher、アマゾン ウェブ サービス (AWS)、地元の教育者たちと提携して、必要な教育を提供する Project Aspiration 2020 を立ち上げました。

3 月初旬にインドで COVID-19 の感染が始まった際、デリー連邦直轄地 (NCT デリー) はすべての学校を閉鎖し、感染拡大を抑制しようと試みました。警告期間はほとんどないまま急速にウイルスの感染は広がり、幼稚園から高校生までの数十万人の生徒が教室での授業は受けられなくなり、残りの学期中は自宅待機を命じられました。

NCT デリーの教育省は、公立学校の教育プログラムが中断されたり、教師と生徒のつながりを阻む状況を回避したいと考えました。そこで、インテル® パートナー企業である Career Launcher と連携して、生徒が自宅から学習を継続できるようオンライン・プラットフォームを開発し、Project Aspiration 2020 が生まれました。

教育システムを自宅へ

世界中に事業所を構える Career Launcher は、教育機関と直接提携して、オンラインポータル aspiration.ai を通じてキャリア開発とテクノロジースキルの習得を求める学習者に確固とした遠隔学習を提供しています。しかし、このポータルは公立学校の生徒や教師などではなく、生涯学習を希望する大人のニーズ向けに設計されたものでした。

約 14 万人の既存の学習者から対象者を広げ、幼稚園~高校の生徒のための仮想教室を作成するということは、aspiration.ai のユーザーベースを倍増するだけでは到底追い付かず、大幅なスケールアップが必要となりました。また、小中高生の学習ニーズとモードに合わせてポータルを変更する必要もありました。

インドの他の地域と比較してブロードバンド・インターネット・アクセスが比較的普及しているデリー市は、オンライン学習を試す候補地として理想的でした。しかし問題となるのは時間でした。解決策のないまま過ぎる日々は、デリーの子供たちから貴重な時間が失われることを意味しました。これらの生徒にオンライン学習を提供するのに必要なリソースを迅速に獲得するため、Career Launcher はインテルとアマゾン ウェブ サービス (AWS) に支援を求めました。

迅速に進むコラボレーション

aspiration.ai のために Career Launcher が採用した AWS クラウド・インスタンスにはインテル® プロセッサー・ファミリーが搭載され、拡張可能なパフォーマンスと内蔵の人工知能アクセラレーションが力を発揮します。AWS は、広範なサービスを提供し、大規模なグループ向けに必要なパフォーマンスを提供しながら、滞りなく迅速に拡張されました。

インテルと AWS は、Project Aspiration 2020 の影響力に気づき、機動力のある実装チームを立ち上げました。インテルと AWS は共同で資金提供を行い、Career Launcher と州政府と連携して、予想される需要を満たすべく迅速な拡張に必要なクラウド・インフラストラクチャー・サービスを確立しました。クラウド・インフラストラクチャーを使用し、Career Launcher は教師と生徒という新しいユーザーに必要な環境を作り出すことに注力しました。

インテルや AWS などのテクノロジー大企業と協力し、この危機的な状況で教育を中断せずに続けられることは本当に素晴らしいことです。このパートナーシップを世界的な 100 件の大規模プロジェクトに持ち込み、「正しいことをうまく実践する」信念の実践者とみなされることを期待しています。

Satya Narayanan R、CL 教育委員長

学習のための強力なプラットフォーム

オンラインシステムでも、教師と生徒間のしっかりした絆を継続できるよう、Career Launcher は AWS クラウドを使用し、授業のライブ・ストリーミングと、過去に録画した素材のアーカイブと再生を提供しています。同期学習コンテンツと非同期学習コンテンツの両方を提供することにより、プログラムにはブロードバンド・インターネットへのアクセスが制限された生徒も参加することができます。これらの生徒は、授業をストリーミングすることはできませんが、オンライン状態が可能なときにオンデマンドでコンテンツを見ることができます。

aspiration.ai のポータルはどちらかというと専門的な開発向けの設計でしたが、AWS クラウドが提供する機能により、Career Launcher は特別なインタラクティブ機能を提供し、子供たちの学習をより魅力的で楽しいものにすることができます。これにより、教師は学習ゲームの作成機能などの新ツールが手に入り、この困難な時期に生徒を惹きつけてやる気につなげる新たな手法を使用することができます。このプラットフォームにより、学校は生徒と親の両方に面談や進路指導を提供できます。これにより、教育者は子供の家族に有用なリソースを提供しながら両親にも平等に機会を与えることで、生徒が受ける教育の質を向上させることができます。

Aspiration.ai が提供する対面式のつながりに加え、ソリューションは教師向けの高度な分析も可能にします。全員のニーズに確実に対応できるよう、生徒の成功と取り組みの主要な指標を追跡します。

スピーディーなトレーニング、オンボード、立ち上げ

生徒のために教育の継続性を確保するということは、コンピューティング・リソース以上のこと、つまり、大量の新規ユーザー向けのトレーニングとオンボードも意味しています。Project Aspiration 2020 の実装を開始するため、Career Launcher は教育省と協力して、オンライン学習への移行を主導する優秀な教師のグループを特定しました。この教師たちは、カリキュラムの設定や aspiration.ai の機能を活用するための迅速なオンボーディングを受けただけでなく、メディアリソースを活用して子供たちを真剣に学習に取り組ませる方法についてのオンライン教育コースも受講しました。1 週間以内に、オンライン・インストラクターに選ばれたグループが認定され、5 万人のライブ参加者が参加できる授業を開始する準備が整いました。

AWS は、Career Launcher やインテルと緊密に連携して、学び、楽しみ、指導を大規模に提供する aspiration.ai プラットフォームを構築できることを喜ばしく思っています。デリーの公立学校の生徒への継続的な教育を実現するこの取り組みに参加でき、感謝してます。

Rahul Sharma, President, World Wide Public Sector, India and South Asia, Amazon Internet Services Pvt.Ltd

生徒と教師にパワーと喜びを

生徒と教師たちは、AWS を活用した Project Aspiration 2020 の学習体験と教育省のリーダーシップを高く評価しています。高校三年生の Pankaj Kumar は、「ロックダウンが始まったとき、これで自分たちの学習に悪影響がでると思いましたが、オンラインでライブ講義を定期的に視聴することでこの問題は克服できました。」と言います。別の生徒 Shahid はこう発言しました。「ライブ授業は本当に素晴らしく、しっかりサポートされています。」 会計とビジネスを担当する講師 Jyotsna Davar は、「生徒全員がこの授業を本当に楽しんでくれています。これらの授業を楽しみにしているのです。」

またこのプラットフォームは、学習中のやり取りを新しい形で応援します。Project Aspiration 2020 は、パワフルなデジタルツールとスキルを気軽に使えるようにすることで、コンピューター経験が少ない数百人の教師に力を与えました。また授業文化に変化をもたらし、教師がコラボレーション学習を受け入れられるよう支援しています。教師は、授業でめったに発言しない生徒が、オンライン教室のチャットでは活発で熱心な様子を目にして興奮しています。

進行中の変革

当初 55 校の学校と 1,500 人の生徒で構成されたグループから始まったこのプログラムは、現在登録した学生の 90% が定期的に利用するという高い参加率で、16 万 5,000人を超える生徒にサービスを提供しています。全国から参加リクエストが寄せられ、プロジェクトは来月には生徒数が 100 万人に達する勢いです。

しかし、Career Launcher プログラムの目標は COVID-19 の危機を超えたところにあります。Career Launcher、インテル、AWS が実現した急速な拡張のおかげで、政府当局者が教育についての考え方を変えるきっかけとなっています。政府当局は、このプログラムが学生の生活に永続的な影響を与え、全国の教育システムの変革を担うだろうと見込んでいます。これにより、より多くの子供たちが優れた学習を実体験できるようになると期待を寄せています。

通知および免責事項

© Intel Corporation.Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルの名称やロゴは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。