インテル® Puma™ 6 および 7 SoC でケーブル・ネットワークを再構築

ハイパフォーマンスな接続はインテルから始まります。

インテル® Puma™ 6 / 7 SoC は、今日のインフラストラクチャーと将来の帯域幅についての需要に対応するハイパフォーマンスな接続と柔軟性を提供して、ケーブル・ネットワークを刷新します。

ケーブル・プロバイダーは、将来の課題に備えるためにスケーラブルな帯域幅を必要としています。また、今日のインフラストラクチャーに新しい機能を導入できるようにする必要もあります。インテルは、プロバイダーがクライアントからクラウドへとネットワークを変革できるように、コネクテッド・ホーム、アクセス・ネットワーク、サービス・プロバイダー・エッジ、データセンター全体で幅広いソリューションを提供しています。コネクテッド・ホームでは、家庭にハイパフォーマンスな接続を迅速に導入するため、インテルはケーブル・ゲートウェイ向けインテル® Puma™ 6 および 7 SoC のポートフォリオを提供しています。

インテル® Puma™ 6 SoC および 7 SoC ポートフォリオ
ハイパフォーマンスな接続を実現するインテル® Puma™ 6 SoC および 7 SoC は、コンピューティングおよびネットワーキングのパフォーマンス上の利点、RF ノイズ除去、パケット処理の柔軟性を提供し、既存のインフラストラクチャーや他の WAN および LAN のユースケースで顧客の家庭に 1Gbps サービスを提供するなど、さまざまなユースケースで最適なパフォーマンスとサービス品質を提供します。インテル® Puma™ 6 SoC は DOCSIS* 3.0 の主要ソリューションですが、インテル® Puma™ 7 SoC は、新しい DOCSIS* 3.1 ソリューション向けに設計された初のプラットフォームの 1 つで、帯域幅を拡張します。

設計の柔軟性
インテル® Puma™ 6 SoC および 7 SoC は、既存のインフラストラクチャーと将来の機器アップグレードに対応するように設計されており、RDK-B ソフトウェア・スタックを実行できる Linux* ベースのソフトウェア・プラットフォームを使用します。これにより、OEM やケーブル・プロバイダーは、ハードウェア構成をカスタマイズし、新しいタイプのトラフィックを高速化するための柔軟な開発環境を得ることができます。両方の SoC 向けのリファレンス・プラットフォームは、システムレベルで最適化されているため、開発が容易で迅速かつコスト効率に優れ、OEM が独自の要件に合わせてソリューションをカスタマイズできる柔軟性を提供します。インテルは、新しいソリューションを開発するための幅広いエコシステムへのアクセスを提供する、幅広いサードパーティー・ソリューションもサポートしています。

業界標準規格に準拠
規格はケーブル・ブロードバンドにおいて重要な役割を果たし、イノベーションの加速、コストの削減、新しいソリューションの相互運用性の向上を実現します。インテルは DOCSIS 規格の開発に積極的に関わり、DOCSIS* 3.1 向けインテル® Puma™ 7 SoC など、DOCSIS の仕様に沿った先進的なソリューションを発表しました。また、インテルは業界の CableLabs や Cisco などと協力して、DOCSIS 規格が 5G セルをバックホールして HFC インフラストラクチャー上で低レイテンシーと高クロック精度を実現する仕組みを構築しました。インテルは、CableLabs、SCTE*、Broadband Forum*、Wi-Fi Alliance* などの業界団体に積極的に参加しながら、MoCA* やオープンソース・エコシステムなどの標準規格をサポートしています。

関連コンテンツ

インテル® Puma™ 7 開発キット

最新の Wi-Fi およびイーサネット・テクノロジーであるインテル® Puma™ 7 SoC は、ケーブル・ゲートウェイ・ソリューションの開発を加速し、ソリューションをカスタマイズする柔軟性を提供します。

製品の詳細を確認する

コネクテッド・ホーム向けインテル® テクノロジー

インテルは、家中でパワフルな接続を実現する、ケーブル、銅線、ワイヤレス、光ファイバー・ネットワーク向けのテクノロジーのポートフォリオを提供しています。

コネクテッド・ホーム向けインテル® テクノロジーについて詳しく知る

ケーブル・ネットワークの変革

インテルの幅広いソリューション・ポートフォリオは、コネクテッド・ホームやアクセス・ネットワークからサービス・プロバイダー・エッジやデータセンターまで、ケーブル事業者がより高速で応答性に優れた安全なネットワークを提供できるよう支援します。

ケーブル・ネットワークの未来を見る