5G への対応を支援

インテルのワイヤレス・ソリューションを活用して、5G という課題に対処

ワイヤレスデータの利用量はスマートフォンが導入されてから毎年倍増し、 ワイヤレス規格 (3GPP、CPRI) およびネットワーク・アーキテクチャー (モバイル・ネットワークとモバイル・バックホールの両方) の変革が求められています。

携帯電話インフラも従来のアナログ回線交換システムから、今日の 4G パケット交換デジタルシステムに進化しました。こうしたデジタルシステムは、直交周波数分割多重アクセス (OFDMA) 方式と多重入力多重出力 (MIMO) 方式に基づいています。その間、ダウンロード・レートは、ネットワークの物理層以上を変更したことにより 10 Kbps 台から 10 Mbps 台に増加しました。データレートの増加に伴い、マクロセル、マイクロセル、ピコセルなどのアーキテクチャーが大きく変更されて HETNET (Heterogeneous Network) が形成されました。

今日では、データ容量を増加させるためにキャリア・アグリゲーション、CoMP、eICIC などの高度 LTE 機能が LTE ネットワークに組み込まれています。また、ピーク・ダウンロードを Gbps クラスに上げるために C-RAN (Centralized RAN) や 5G のような概念が研究されています。

ワイヤレス・インフラストラクチャー事業者は、FPGA テクノロジーが提供する柔軟性と将来に対する保証を利用して、このような動的要件に対応するようになりました。インテルは、高性能かつミッドレンジ、そして低コストの FPGA の完全なポートフォリオを提供します。これらのデバイスは、ワイヤレス・アプリケーションに必要な処理帯域幅と柔軟性 (IP (Intellectual Property)、高度な信号処理技術、およびリファレンス・デザインなど) を提供します。

ワイヤレス・ソリューションおよび 5G の登場についてはビデオもご覧ください。

アプリケーション

ギガバイトの帯域幅、多様な特性を持つ広範なスペクトルといったニーズに対応するために、未来のワイヤレス・インフラストラクチャーでは柔軟性とプログラマビリティーの変換が進化を遂げます。

5G ワイヤレス

C-RAN

現在のワイヤレス・インフラストラクチャーは、マクロセル / メトロセルからピコセル / フェムトセルまで規模の異なる多様な無線技術で構成されるヘテロジニアス・ネットワークを中心に構築されています。

デジタル・フロントエンド (DFE)

インテル® HLS コンパイラー

市場投入までの期間を短縮して新たな機能を素早く提供するためには、拡張性と柔軟性が高く、実現可能かつ差別化にも対応可能で、消費電力と TCO に優れたプラットフォームが求められています。

バックホール

フロントホール

多重アンテナ技術 (マルチプル・アンテナ・テクノロジー) または多重入力多重出力 (MIMO) はスペクトル効率を改善するため、現代のワイヤレスシステムに広く採用されています。

詳細

インテルは、コスト効率に優れたシリコンとビルディング・ブロックである Intellectual Property (IP) の組み合わせを提供することで、量産型のコスト重視のアクセス市場に対応しています。

アクセスシステム

デザイン


デバイス、ツール、IP によりイノベーションを加速します。

ドキュメント


デバイス、IP コア、ホワイトペーパー、およびリファレンス・デザインなどのドキュメントを紹介します。

関連情報

アプリケーション別ソリューションを活用し、デザインの課題を解決する方法を紹介します。

すべてのアプリケーションを見る

重要なワークロードの高速化を可能にし、規格の進化または要件の変更への適応を支援するカスタマイズ可能なデバイスです。

すべてのデバイスを見る