SDN および NFV 向けオープン・ネットワーク・プラットフォーム

現在のネットワークは、付加価値の高い新たなカスタマーサービスで売り上げに貢献しつつ、最終的なコスト削減にも役立つことが求められています。しかし従来型のネットワークは、機能が固定された独自規格のデバイスがベースとなっているため、プロビジョニングにコストがかかり、管理と拡張が困難なのが通例でした。
俊敏でコスト効率に優れたネットワークへの変革を実現する際に、ソフトウェア・デファインド・ネットワーク (SDN) とネットワーク機能仮想化 (NFV) の 2 つが変革を促す触媒の役割を果たします。

SDN は、ネットワーク・インフラストラクチャー・デバイス内でコントロール・プレーンとデータプレーンを分離することで、トラフィックのルーティング方法を変革します。1 つの SDN コントローラーで、ネットワークを一元的に俯瞰することができます。この情報にアプリケーションから...アクセスすることで、ネットワーク全体の流れをリアルタイムで解析し、さらにセキュリティーやパフォーマンスのニーズに応じてトラフィック・フローをプログラミングで管理できます。

NFV は、標準化されたサーバー仮想化を活用し、同じサービスをオープンサーバーで実行する仮想マシンに置き換えることで、機能が固定されたネットワーク・デバイスの必要性を排除します。また、サービスをオンデマンドで拡張し、インフラストラクチャー全体の任意の場所で提供することができるようになります。