5G エッジ: 革新されたエクスペリエンスとサービスを実現

5G エッジで成功するために通信サービス・プロバイダーがすべきこと。

Futurum は、デジタル・イノベーションと、市場を揺るがすようなテクノロジーやトレンドにフォーカスし、独立した研究・分析・コンサルティングを行っている会社です。

エッジ・コンピューティングと 5G ネットワークとの関係は、通信サービス・プロバイダー (CoSP) にとって輝かしい展望を与えてくれます。以下の統計について検討してください:

  • 企業の 61% はすでにエッジ・コンピューティング・ツールを導入済みか、あるいは現在そのリサーチを行っています。1
  • 5G の採用率は、2020 年の 8% から今後 3 年間で 70% に急増します。1
  • エッジ・コンピューティングとそれに伴う 5G ネットワーク提供の市場は、2019年の 35億米ドルが 2027年までに 434億米ドルに増えると予測されています。 2

しかし、こうした統計は CoSP にとってどのような意味があるでしょうか?CoSP 向け5G エッジから派生する問題を掘り下げて調査するため、インテルと Futurum Research は、広範な地域にわたる 500 名以上のネットワーク・エンジニアと設計技師のほか、大小さまざまな規模の組織の代表者を対象に、詳細な調査を実施しました。その結果のレポートから、CoSP は近い将来に 5G エッジの機会をうまく活用する必要があるという現実的な情報が得られました。

そのレポートの要点を簡単にまとめたものがこちらです。

  • 5G エッジの顧客の認識。5G エッジは、ユーザーが求めるものや期待するものに対応し、アプリケーションやサービスが適切な価格で、適切な時期に、適切な特徴を提供されてこそ初めて実用的になります。企業やユーザーが懸念する点の上位には、サイバーセキュリティー、プライバシー、データ保護、マルチクラウド管理が並びます。
  • 5G エッジの採用の原動力。CoSP は、企業に統合セキュリティー機能や、優れた人工知能 (AI)、アナリティクス、モノのインターネット (IoT) の接続性を提供することで、競合他社との差別化を実現できます。
  • 5G エッジの実装。  スタンドアロンの実装は、5G エッジの成功につながりません。むしろ、CoSP はコラボレーションの意識や DevOps 実践を採り入れて、市場に出るまでの時間を短縮し、運用上の課題を解決する必要があります。
  • 5G エッジの収益化の機会。 調査からは、5G エッジのユースケースは多いものの、IoT、ビデオ監視、クラウドゲーム、コンテンツ配信ネットワーク (CDN)、スマートシティが最も収益化が見込まれる好機があることが明らかになりました。
  • 5G エッジの成長。 3 分の 1 以上の調査回答者は、5G エッジについて、今後 1~2年で11 ~ 20% の増加をみせ、エンタープライズ・キャパシティー (バンド帯域) の拡大の原動力になるが、同じ期間で企業の支出は今後さらに急成長する (21~30%) と見込んでいます。こうした予測から、5G エッジ・ネットワークの効率とハイブリッド / マルチクラウド・インフラストラクチャーの採用率の上昇が指摘されています。
  • 5G エッジの障壁と課題。 既存のマーケット・ギャップは、5G エッジの適用例の一部が、実装と収益化に大きな課題を示していることを意味しています。これらには、拡張現実と仮想現実 (AR/VR)、公共の安全、自動運転車、スマートシティーなどが含まれます。採用における障壁として最も重大なものを挙げると、4G と 5G の環境間の互換性 / 相互接続性、マルチクラウド管理、デジタル化とネットワーク機能仮想化 (NFV) の有効化、サプライヤー・ライフサイクル・サポートおよびコミットメントなどがあります。

この調査結果から明らかになった研究結果は、5G エッジに予告される変化のペースにサービス・プロバイダーが合わせることの重要性を強調しており、5G エッジが現在も未来も届けるメリットを最適化できます。