マルチクラウドとは?

マルチクラウド・ソリューションでは、クラウドサービスを自由に組み合わせて使用できます。

マルチクラウド環境の利点:

  • さまざまなクラウド・プロバイダーから選択できるオプションを利用すれば、必要なサービスに合わせて価格をカスタマイズできます。

  • 特定の地域のクラウド・サービス・プロバイダーを利用することで、データ・プライバシー規制を守りながら、レイテンシーを軽減できます。

  • マルチクラウド戦略では、プライベート・クラウドを統合して、オンプレミス・インフラストラクチャーでホストされるアプリケーションをサポートできます。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

マルチクラウドは相互運用性を考慮して設計されているため、柔軟性に優れ、さまざまな価格帯、サービス、地理的な場所からビジネスに合わせて選択できます。

マルチクラウドとは?

1 つのサイズですべてに対応できる万能なクラウドはありません。アプリケーションによっては、コンピューティングやストレージのニーズが変動するため、迅速に拡張できるものが必要です。データ・プライバシー規制に準拠したり、エンドユーザーへのレイテンシーを最小限に抑えたりするために、特定の地域でホストする必要がある場合もあります。さらに、レガシー・アプリケーションやミッション・クリティカルなワークロードなどは、オンプレミス・インフラストラクチャーでホストする必要があります。

マルチクラウド・アーキテクチャーは、複数の種類のパブリッククラウドまたはプライベート・クラウドのリソースを組み合わせたものです。例えば、特定のサービスレベル契約と価格体系に基づいてパブリック・クラウド・サービス・プロバイダーを 1 つ選択し、地理的な場所を条件に別のプロバイダーを選択することができます。同様に、さまざまな場所で複数のプライベート・クラウドを所有することもできます。マルチクラウド戦略では、利用可能なリソースを妥協せずに利用するための自由と制御が得られます。

マルチクラウド環境では、アプリケーションやビジネスのニーズに合わせて、ケースバイケースでカスタム・ソリューションを自由に選択できます。

マルチクラウド環境の作成

マルチクラウド戦略では、複数のパブリッククラウドとプライベート・クラウドを統合して調整するクラウド管理ソフトウェア・レイヤーが必要になります。VMware のようなプロバイダーのソリューションは、マルチクラウド環境でハイパーコンバージド・インフラストラクチャーを実現するように設計されており、さまざまなクラウド間で一貫した体験を提供できます。その他にも、AWS Outposts*、Google Cloud の Anthos*、Microsoft Azure Stack* など、トップクラスのクラウド・サービス・プロバイダーがソリューションを提供しています。これらのソリューションを利用すると、クラウドリソース間でのデータとアプリケーションの共有や、オンプレミス・インフラストラクチャーとパブリッククラウドの間でのシームレスな拡張が簡単になります。

Red Hat OpenShift* などのコンテナー化されたアプリケーションも、マルチクラウドに適しています。マルチクラウド・コンテナー・ソリューションを利用すると、開発者および運用チームは、アプリケーションやサービスの導入が必要なときに確実に実行できます。

すべてのクラウドリソースを簡単に確認して管理できれば、マルチクラウド・ストレージなどの領域でアプローチを改善できます。マルチクラウド・ストレージでは、必要なときに必要な場所でスケーラブルなデータ・ストレージ・リソースにアクセスでき、マルチクラウド・セキュリティーで機密性のあるデータとアプリケーションを保護できます。

インテルのマルチクラウド戦略

マルチクラウド環境では、パブリックとプライベート両方のクラウド・インフラストラクチャーの複数のクラウドを利用することがよくあります。インテルは、クラウド・サービス・プロバイダーやエンタープライズ・データセンターと数十年にわたって協力してきました。インテル® プラットフォームのパフォーマンスは、多数のクラウド・サービス・プロバイダーやソフトウェア・ベンダーにわたる緊密かつ協力的な関係とカスタム・エンジニアリングにより最適化され、俊敏性と拡張性に優れたクラウド環境を提供できるようになっています。インテルをクラウドの信頼できる基盤とすることで、オンプレミス・インフラストラクチャーとパブリック・クラウド・サービスを組み合わせて使用できます。

マルチクラウド向けのインテル® テクノロジーには、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー、ネットワーキング・コンポーネント、インテル® Optane™ メモリーとストレージ、およびさまざまなテクノロジーを実現するポートフォリオがあります。さらに、インテルのパートナー提供のインテル® Select ソリューションは、クラウドサービスを迅速に導入できるように設計されています。

通知および免責事項

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。

絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® SSE2、インテル® SSE3、インテル® SSSE3 命令セットなどの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。本製品のマイクロプロセッサー依存の最適化は、インテル® マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテルのマイクロアーキテクチャーに限定されない最適化の中にも、インテル® マイクロプロセッサー用のものがあります。この注意事項で言及した命令セットの詳細については、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。注意事項の改訂 #20110804

© Intel Corporation.Intel、インテル、それらのロゴ、およびその他のインテルのマークは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。