ビジュアル・クラウド・ストーリー

クラウド・コンピューティングを通じて、ビデオ・ストリーミングからリモート・ワークステーションまで数多くのコンテンツが日々配信されており、ハードウェア展開のためには、新たなアーキテクチャーとアプローチが必要になってきています。インテルは、ビデオ配信や視覚的な理解を目的とした、クラウド上でグラフィックスデータを扱うワークロードのためのソリューションに注力することで、拡大するビジュアル・クラウドの需要に対応します。インテルのハードウェア・アーキテクチャーは、柔軟で質の高い配信環境を最適な TCO で実現します。インテルのソフトウェア製品は、ビジュアル・クラウド・セグメントに欠かせない重要なビルディング・ブロックの役割を果たします。

ライブでもストリーミングでも、感動的なビデオ配信を実現

ユビキタス環境でのビデオやビジュアルメディアの視聴が普及している現在、ユーザーの需要を満たすために、コンテンツを低コストで高速かつ高品質にトランスコーディングする手法が求められています。グラフィックス機能を内蔵したインテル® Xeon® プロセッサー E3-1500 v5 製品ファミリーを導入することで、アプリケーションやシステムの開発者は、標準的なサーバー・テクノロジーを使用して、非常に高性能なビデオ処理ソリューションを構築したうえに、パフォーマンスや TCO も改善できます。

クラウドでグラフィックスデータを扱い競争力を維持する

企業は、技術者が安全にコラボレーションできて、複雑で相互に関連した問題を解決できるテクノロジーを求めています。技術者は、いつでも、どこからでも、コストを抑えて主力ツールであるワークステーションにアクセスしなければなりません。

インテルの新たなテクノロジーを搭載したクラウド・ホステッド・ワークステーションは、こうした企業のニーズに応えるために開発されています。このようなソリューションを利用すると、エンジニアは世界中どこからでも、要求の厳しい 3D グラフィックス・アプリケーションを仮想環境で操作できます。しかも、データとアプリケーションはすべてセキュアなデータセンターで保管・運営されます。

視覚的な理解を促進

現在、数十億を超えるビジュアルコンテンツが日々共有されています。企業は、そうしたデータを分析することで、意味ある情報を引き出し、新たな種類のサービスを生み出すとともに、既存のサービスを強化しなければなりません。しかも、知的財産の保護にも配慮する必要があります。

インテルは、業界のリーダーと協力して、インテル® Xeon® プロセッサー・ファミリーやインテル® Xeon Phi™ プロセッサーをベースに、クラウド上のイメージデータを整理したり、ランク付けをおこない、視覚的に理解するためのソリューションを開発しています。どちらのプロセッサーも、パフォーマンスの大幅な向上を達成し、企業およびクラウド環境でのソリューションの展開を容易にします。

インテル・デベロッパー・ゾーンで詳細を確認


ハードウェア開発者やソフトウェア開発者向けの追加資料を確認できます。

今すぐアクセス (英語)