ハイブリッド・クラウドの分析環境におけるデータ管理とセキュリティー

ハイブリッド・クラウドを利用したデータ管理と分析の要点

  • 高度な分析を最大限に活用するには、データ管理の問題に対処する必要があります。

  • 従来型のインフラストラクチャーでは、現在の分析ワークロードに必要なパフォーマンスやセキュリティーを提供できません。

  • 堅実なハイブリッド・クラウド戦略と、IT 環境のあらゆる側面にわたる変革を組み合わせることで、企業は安全かつ効率的に高度な分析を実行できます。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

インテルの依頼でまとめられた Forrester Consulting による最近のホワイトペーパー (英語) では、ビッグデータ、高度な分析、人工知能 (AI) の進歩にもかかわらず、まだデータ管理に苦戦している企業が多いことが明らかになっています。

Forrester の調査によると、データ分析に関連する最大の課題についての設問で、上位 5 つの課題のうち 2 つがデータ管理に関連すると回答が得られたことが分かりました。1 回答者のうち 3 分の 1 がデータ・セキュリティーを最大の課題、23% がデータの品質と完全性の問題を主要な課題の 1 つと回答しています。

データ管理の問題は、多くの企業で高度な分析や AI ワークロードの導入に適したインフラストラクチャーが整っていないという事実によって、一層大きくなっています。従来型のインフラストラクチャー (コンピューティング、ストレージ、ネットワーク) では、ほとんどの場合、現在の膨大な量のデータを処理できません。

ハイブリッド・クラウドがデータ管理の問題を解決

2018年末の時点で、業務アプリケーション全体の 53% がパブリック・クラウドまたはプライベート・クラウドに配備されるという状況から2、ハイブリッド・クラウド環境の利点を認識している企業が増えつつあることは明白になってきています。Forrester によると、セキュリティーとコンプライアンスの向上、データ管理機能の強化が、ハイブリッド・クラウドを使用する理由の中でも上位に入っています。

「デジタル環境で競合他社の一歩先を進み続けるため、企業はハイブリッド・クラウドへと向かいます。ハイブリッド・モデルなら、パブリック・クラウドまたはプライベート・クラウドのみの場合よりも、一貫性、セキュリティー、俊敏性を向上できるからです」(Forrester)

最新のハイブリッド・ツールによって分析の力を最大限に発揮

従来型のインフラストラクチャーでは、現在の分析ワークロードで求められるデータ統合、ハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC)、データ・ウェアハウス、ストレージの要件に対応できません。次世代のハイブリッド・クラウド・インフラストラクチャーに移行することで、企業はより適切なコロケーションとキャッシングの戦略を実施し、クラウドベースのワークロード・コントローラーとワンランク上の高速接続を活用することができます。

また、最新のビジネス・インテリジェンス (BI) ツールにアクセスし、物理的にデータセンターに近いプロバイダーを選択してレイテンシーを低減させることもできます。

分析ワークロードを安全かつ効率的にサポートするための推奨事項

次のような分析プロジェクトの開始を目指す企業は、インフラストラクチャーに対する現在および将来的なニーズを評価する必要があります。

  • 予測モデリングと記述的モデリング
  • データマイニング
  • テキスト分析
  • 予測
  • マシンラーニング
  • ディープラーニング
  • シミュレーションとモデリング
  • 実験的な設計

実際、ほとんどの企業が、こういったワークロードに必要な性能、速度、俊敏性、ストレージを提供するには、既存のインフラストラクチャーではすぐに対処できなくなってしまいます。このため、多くの企業が、必要なインフラストラクチャーにアクセスできるよう、パブリック・クラウド・ソリューションやプライベート・クラウド・ソリューションに移行しています。

インフラストラクチャーの機能を検討する際には、オンプレミスとパブリック・クラウドの両方の基盤となるハードウェアに着目することが重要です。インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、演算負荷の高い分析アプリケーションの実行専用に設計されています。このプロセッサーは、電力効率にもコスト効率にも優れています。ほかにも、特にインテル® Optane™ Solid-State Drive (SSD)、インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーなど、インテルのテクノロジーによって、分析ワークロードのパフォーマンスをさらに向上できます。

さまざまな選択肢を検討し、適切な組み合わせを選択することが難しい場合は、インテル® Select ソリューションが、事前に構成済みの、ワークロードに最適化された、パフォーマンスの予測が可能なデータセンター・ソリューションを提供します。すぐに導入可能なこれらのソリューションを利用すると、Forrester の提言どおり、次のようなハイブリッド・クラウドの利点を簡単に活用することができます。

  • ストレージとコンピューティングに関する現実的な要件を設定する
  • インフラストラクチャーを最新化して、次世代のデジタル・トランスフォーメーションに備える
  • ハイブリッド・クラウド戦略を再構築して、継続的なワークロードとスパイク的なワークロードの両方に対応する
  • デジタル制作物の生産性を向上させる

ハイブリッド・クラウドとインテル® テクノロジーによって、データ管理や高度な分析のハードルを乗り越える方法について、詳細は、ホワイトペーパー (英語) 「Reach Your Analytics Goals with Hybrid Cloud (ハイブリッド・クラウドで分析の目標を達成する) 」をお読みください。

免責事項

1

「Reach Your Analytics Goals with Hybrid Cloud (ハイブリッド・クラウドで分析の目標を達成)」、 2018年11月にインテルの委託で Forrester Consulting によって行われた調査 (https://plan.seek.intel.com/apj-en_Reaching_Analytics_Goals?trackSrc=AEM_Cloud_LP_JP この記事における後続の統計は特に記載がない場合でも、すべて同じ文書から引用されています。

2

「Move Your Big Data into the Public Cloud (パブリッククラウドへのビッグデータの移行)」、Forrester Research, Inc.、 2017年6月20日。