クラウド・アーキテクチャー・デザインの紹介

クラウド・コンピューティング・アーキテクチャーとワークロードのニーズやビジネス目標との間の整合性をとることで、クラウドから多くのメリットを得ることができます。

クラウド・アーキテクチャーの基本:

  • 優れたクラウドデザインは、既存のワークロードとビジネスニーズの評価から始まります。

  • バックエンドのクラウド・インフラストラクチャーは、データセンター・ハードウェア、仮想化、アプリケーション、サービスを構成しています。

  • クラウド向けの最新のインテル® テクノロジーでは、パフォーマンスの最適化が可能で、リソースを最大限に活用できます。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

組織は AI 開発、運用やワークストリームの最適化に関してクラウド型に変わりつつあり、ビジネス需要の変化に対応してインフラストラクチャーをダイナミックに拡大しています。クラウドをデザインする際、作成しているのはインフラストラクチャーだけでなくスケール、回復力、敏捷性を備えたビジネスモデルでもある点を念頭に入れたいものです。こうした目標を実現するには、クラウド・アーキテクチャーのデザインがワークロード、ユーザー、運用コストの各ニーズに対応している必要があります。

クラウド・アーキテクチャーの原則

クラウドをデザインする前に、まず既存の環境とビジネスニーズを評価する必要があります。以下はチームがチェックする必要のある質問事項の一部です。

  • 既存のワークロードとアプリケーションは何か?現在の実行場所と使用するユーザーは誰か?
  • 主なクラウドの使用方法は何か?ピーク時の負荷に対応できるように設計されているため、通常よりも低いのか?新しいワークロードをサポートできるスケールアップが必要か?
  • 現在、コンピューターのパフォーマンス、メモリー、ネットワーキングに問題があるか?
  • 仮想化環境とはどのようなものか?コンテナーを使用しているか?
  • 回復力を確保する方法は?複数のクラウドサービス・プロバイダーを使用するべきか?

クラウドの現在の動作状況、ニーズの変化を理解することで、アプリケーションをどこに置くべきか決定することができます。好みのクラウドデザインをサポートするには、オンプレミスのインフラストラクチャーを刷新する必要を感じるかもしれません。

ニーズに応じて、クラウドデザインについてサードパーティーに問い合わせることもできます。これは評価の前、最中、評価の後に起こりうることです。システム・インテグレーター、マネージドサービス・プロバイダー (MSP)、クラウドサービス・プロバイダーまたはハードウェア・プロバイダーは、お使いのクラウドに最適なプラットフォームとアーキテクチャーを決定するのを手助けします。

クラウド・トランスフォーメーションの詳細については、「The Six Ms of Cloud Transformation​​​​​」 のインフォグラフィックスをお読みください。

クラウド・インフラストラクチャーのコンポーネント

クラウド環境には 2 つの側面があります。フロントエンドはエンドユーザーから見える部分です。言い換えればユーザー・インターフェイスです。バックエンド・インフラストラクチャーはクラウドを実行する部分です。このバックエンドはデータセンター・ハードウェア、仮想化、アプリケーション、サービスで構成されています。フロントエンドはバックエンドとミドルウェアで通信します。オンプレミスでもお好きなクラウドサービス・プロバイダー経由でも、バックエンドのクラウド・インフラストラクチャーには以下のレイヤーが含まれます。

データセンター・ハードウェア

あらゆるクラウドの基盤には、サーバー、ストレージ、ネットワーキングなどワークロードを実行するデータセンター・ハードウェアがあります。サポートしているワークロードに応じて、ハードウェアは FPGA などのアクセラレーターを含む場合もあります。ディープラーニング・アプリケーションなどの専門的なワークロードが必要な場合に、これらは特に便利です。

仮想化レイヤー

次に、仮想化レイヤーはコンピューティング、ストレージ、ネットワーキング・ハードウェアを抽象化します。仮想化により仮想マシン (VM) の作成が可能です。最適に使用するには、異なる多くのアプリケーションを、それぞれ使用している VM ごと、同じデータセンター・ハードウェアで実行します。さらに、各 VM はLinux、Ubuntu、Windows Operation System などのオペレーティング・システムを実行して、クラウドサービスを提供する方法をより柔軟に提供できます。

アプリケーションとサービスレイヤー

クラウドのバックエンドにあるアプリケーションとサービスレイヤーは、フロントエンドで表示されているユーザー・インターフェイスに対応しています。ここでは、エンドユーザーからのリクエストと利用可能なバックエンド・リソースとの調整が行われます。

パブリック・クラウドサービス、オンプレミス・インフラストラクチャー、ハイブリッド・クラウドのいずれを使用している場合でも、インテル® テクノロジーは一貫した信頼できるパフォーマンスを発揮します。

クラウド・インフラストラクチャー向けのインテル® テクノロジー

パブリック・クラウドサービス、オンプレミス・インフラストラクチャー、ハイブリッド・クラウドのいずれを使用している場合でも、インテル® テクノロジーは一貫した信頼できるパフォーマンスを発揮します。最新世代のクラウド向けインテル® テクノロジーでは、投資とリソースを効率的に活用しながら、パフォーマンスを最適化することができます。

クラウド・インフラストラクチャー向けのインテル® 製品とソリューション

インテル® Select ソリューション

クラウドの導入を簡素化し高速で行います。インテル® Select ソリューションでは、プライベートおよびハイブリッド・クラウドの導入に合ったコンピューティング、ストレージ、ネットワーキング・インフラストラクチャーを提供しています。こうしたソリューションは、現実世界における最適化パフォーマンスの視点から検証されています。

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリー

最新世代のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーは、クラウドサーバー向けのワークロードに最適化した確実なパフォーマンスを提供します。インテル® ディープラーニング・ブースト (インテル® DL ブースト) は、ベクトル・ニューラル・ネットワーク命令 (VNNI) を使用するように最適化されたディープラーニング・ワークロード向けの AI 推論性能を加速します。これにより、画像の分類、オブジェクトの検出、音声認識および翻訳などのパフォーマンスを向上できます。

インテル® FPGA

FPGA を追加して、コンピューティングー、ストレージ、ネットワーク・ハードウェアを柔軟に高速化します。低電力消費で多目的な FPGA は、検索やマシンラーニングなど、クラウドのさまざまな機能に合わせてカスタマイズすることができます。

インテル® Optane™ パーシステント・メモリー

インテル® Optane™ パーシステント・メモリーは最新世代のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーといっしょに提供されます。低価格大容量、そしてクラウドのワークロードに合わせたデータ持続性のサポートというユニークな組み合わせを実現しています。

インテル® ソリッドステート・ドライブ (インテル® SSD)

インテル® Optane™ SSDインテル® 3D NAND SSD はクラウドストレージ・オプションの 1 つで、敏捷性とパフォーマンスを改善します。

インテル® イーサネット製品

インテル® イーサネット・ネットワーク・アダプター、コントローラー、アクセサリーはさまざまな GbE オプションでご利用いただけます。世界中で入手可能、しかも徹底的な互換性テストを行っているインテル® イーサネット製品はサーバー・ネットワーク接続の主要な選択肢です。

ソフトウェアの最適化とツール

主要な独立系ソフトウェア・ベンダー (ISV) とインテルとのパートナーシップにより、インテル® Xeon® プロセッサー・ファミリーで全体的なパフォーマンスを向上させるソフトウェア・ツールとライブラリーの最適化が可能です。

クラウド対応の基盤

クラウド・コンピューティング・アーキテクチャーのデザインは包括的なクラウド戦略において非常に重要です。クラウド向けのインテル® ハードウェアとソリューションは、ハイブリッドでマルチクラウドなアプローチを基本に設計されています。ソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャー上で動作する業界標準のサーバーとテクノロジーにより、インテルは安全なプライベート・クラウド上でのワークロード環境の管理、およびその多くがすでにインテル® アーキテクチャー上で動作しているパブリッククラウドとの統合を支援します。これにより、ハイブリッドでマルチクラウドなコンピューティングの全機能を最大限に活用できるようになります。

よくある質問 (FAQ)

よくある質問

クラウド・アーキテクチャーとは、クラウドをサポートするデータセンター・ハードウェア、仮想化、アプリケーション、サービスなど、基盤になるインフラストラクチャーやコンポーネントのことです。

クラウドのデザインは、特別なワークロードのニーズやビジネス目標によって異なります。パブリッククラウド、オンプレミス・インフラストラクチャー、ハイブリッド・クラウドのいずれを使用している場合でも、信頼性の高いパフォーマンスを発揮するハードウェアやソフトウェアをお探しください。

クラウド・テクノロジーに関するリソースの詳細

クラウド向けの最新テクノロジーに関する詳細情報をご確認ください。

クラウド・コンピューティングの概要

柔軟性の向上、コストの最適化、効率性の向上を実現する最新のクラウド・コンピューティング戦略をご覧ください。

詳細情報

インテル® 製品とインテル® テクノロジー

クラウド・コンピューティングのパフォーマンスとリソース使用率を最適化するように設計されているインテル® 製品とテクノロジーをご覧ください。

詳細情報

通知と免責条項
インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。// 絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。// コストと結果は異なることがあります。// インテルはサードパーティーによるデータの管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、他のソースを参照する必要があります。