最新の OS と PC は信頼性もアップグレード、そのメリットを今すぐに

Windows* 10 Pro オペレーティング・システムへのアップグレードは完了していますか?もしまだの場合、今すぐ移行を検討することが重要です。Windows* 7 のサポート修了は 2020年1月に迫っています。

しかし、新しい PC へアップグレードすれば、OS の更新は完了です。最新の第 9 世代および第 8 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーとインテル® Optane™ メモリーを含め、インテルのハードウェアを搭載した新しい PC は、数年前の PC と比べても、パフォーマンスが飛躍的に向上しています。

第 8 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーとインテル® Optane™ メモリーを搭載した新しい Windows* 10 Pro デバイスでは、5 年前の PC と比較して、最大 2.5 倍のパフォーマンスの向上など、生産性の大幅な向上を期待できます。1 マルチタスクの処理速度は最大 2.3 倍高速化します。2

この投資はビジネスにも好影響をもたらします。Windows* 10 Pro 搭載の新しい PC に備わる高いセキュリティーと比べ、年数の経過した PC ではセキュリティー面で不十分であることに加え、生産性の低下による損失額は年間 17,000 米ドルにも上ります。3

セキュリティーとパフォーマンスの向上、そしてビジネスニーズに合った最適な PC へ更新するには、今こそ絶好のチャンスです。

最新のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載した小規模ビジネス向け PC の購入 すべてを表示

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載した人気の高い小規模ビジネス向け PC をご覧ください。

Lenovo IdeaCentre 720

  • 第8世代インテル® Core™ i5プロセッサー プロセッサー
  • 1000 GB 容量
  • 8 GB メモリー
  • インテル® UHD グラフィックス 630 グラフィックス
  • 8 kg 重量
  • Windows 10 Home オペレーティング・システム
今すぐ比較する

DELL Precision 3630

  • 第8世代インテル® Core™ i7プロセッサー プロセッサー
  • 500 GB 容量
  • 8 GB メモリー
  • インテル® UHD グラフィックス 630 グラフィックス
  • 8.39 kg 重量
  • Windows 10 Pro オペレーティング・システム
今すぐ比較する

DELL Precision 3630

  • 第8世代インテル® Core™ i5プロセッサー プロセッサー
  • 500 GB 容量
  • 4 GB メモリー
  • インテル® UHD グラフィックス 630 グラフィックス
  • 8.39 kg 重量
  • Windows 10 Pro オペレーティング・システム
今すぐ比較する

DELL Precision 3630

  • 第8世代インテル® Core™ i5プロセッサー プロセッサー
  • 500 GB 容量
  • 8 GB メモリー
  • インテル® UHD グラフィックス 630 グラフィックス
  • 8.39 kg 重量
  • Windows 10 Pro オペレーティング・システム
今すぐ比較する

DELL Precision 3630

  • 第8世代インテル® Core™ i5プロセッサー プロセッサー
  • 1000 GB 容量
  • 8 GB メモリー
  • インテル® UHD グラフィックス 630 グラフィックス
  • 8.39 kg 重量
  • Windows 10 Pro オペレーティング・システム
今すぐ比較する

PC をアップグレードして収益増大

Windows* 10 Pro への移行に合わせて、古いハードウェアを最新の第 8 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載した新しい PC へ入れ替えることで、持続的なコスト削減と生産性の向上につながります。

新しい PC でビジネスを推進

ニーズに合った PC を見つける

Windows* 10 Pro への移行には、新しい PC を活用することが最適です。

新しい PC でビジネスを推進

最新 PC へのアップグレードがビジネス競争力を向上させる

高性能な最新 PC と高機能なシステムへの更新は、中小企業のビジネス競争力を維持向上するための原動力となります。

新しい PC が生産性を維持向上させる

免責事項

1

インテル® Optane™ メモリー搭載の第8世代インテル® Core™ i5+デスクトップ・プロセッサーと5年もののPCの比較;上記に報告されたベンチマーク結果は、追加テストの実施ごとに変更の必要がある可能性があります。この結果は、テストに使用されたプラットフォーム構成とワークロードに依存するものであり、ユーザー・コンポーネント、コンピューター・システム、ワークロードによっては該当しない場合があります。ほかのベンチマークでも同様の結果が得られるとは限りません。また、ベンチマーク結果によっては軽減手法の影響に差が表れる場合があります。

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。パフォーマンスおよびベンチマーク結果の詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。

第 8 世代インテル® Core™ i5 8400 プロセッサー (インテル® Optane™ メモリーモジュール 16GB 搭載) と、インテル® Core™ i5-3330 プロセッサー (HDD のみ) で SYSmark* 2014 SE を実行し、それぞれの応答性サブスコアを比較。

パフォーマンス実績は2018年1月31日から同年2月9日までに実施したテストに基づくものであり、公開されているすべてのセキュリティー・アップデートが適用されていない可能性があります。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。

2

第 8 世代インテル® Core™ i5 モバイル・プロセッサー KBL-R U シリーズでは、マルチタスク処理が 2.3 倍速くなるというテスト結果が得られました。ただし性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/benchmarks/ (英語) を参照してください。ベンチマーク結果 (評価値) は、「Spectre」および「Meltdown」と呼ばれる脆弱性への対処を目的とした最近のソフトウェア・パッチおよびファームウェア・アップデートの適用前に取得したものです。

パッチやアップデートを適用したデバイスやシステムでは、同様の結果が得られないことがあります。ビジネス生産性アプリケーションのマルチタスク処理は 5 年前の PC に比べて 2.3 倍高速化するため、仕事がさらにはかどります。

インテル・リファレンス・プラットフォームでオフィスの生産性とマルチタスク処理ワークロードを実行して測定。

パフォーマンス実績は2018年1月31日から同年2月9日までに実施したテストに基づくものであり、公開されているすべてのセキュリティー・アップデートが適用されていない可能性があります。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。

3

5 年以上前の PC を使用している場合、そのコストは 1 台当たり年間で最大 17,000 ドルに上るおそれがあるとする記述は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。アンケートの回答に基づく試算によると、5 年以上前の PC を使用している場合、従業員の生産性は最大 29% 低下するおそれがあります。推定損失額は、従業員の平均年収を 60,000 ドルとした場合、年間 17,000 ドルに上ります。この統計値およびレポート全体については、こちらをご覧ください。