PC テクノロジーの謎を解明 : RAM vs プロセッサー

業務にとってより重要なのは?

どんなビジネスでも「時は金なり」。では、小規模ビジネスに処理速度の遅い PC がかける実質的なコストを検証1

5 年以上前のモデルなど、古い PC の起動、ウェブページの読み込み、プログラムの実行に要する余分な時間はすべて収益に影響します。インテルが依頼したある調査によると、処理速度の遅い古い PC は従業員の生産性を 29% も低下させる可能性があり、2 雇用主の生産性損失コストは職場の古い PC 1 台当たり最大 1 万 7,000 米ドルに達することが分かりました。3 また、この調査では、毎朝古い PC の起動を待つと年間最大 11 時間の無駄が発生すると推定されています。4

それだけでなく、処理速度の遅い PC は従業員の不満にもつながり、ハードウェアへの投資はテクノロジー関連の問題であるのと同様に、従業員の定着率にかかわる問題でもあります。業務用 PC がより多くのデータを処理し、データ集約型プログラムを実行して、複数のブラウザータブを開いたままにしておくことができるように、多くの場合、少し余分に費用をかけて強力なコンポーネントを確保することが賢明な投資になるのはそのためです。

この数十年の PC 購入経験を通じて、RAM を増やすことが PC のパフォーマンスを向上させるための最終的なソリューションであると多くの人が信じるようになりました。RAM が重要なのは間違いありませんが、ニーズによってはパフォーマンスを向上させる唯一のソリューションという訳ではなく、必ずしも適切なソリューションであるとも限りません。

RAM の役割と制限

RAM は Random Access Memory (ランダム・アクセス・メモリー) の略語であり、PC が簡単にアクセスできるように現在作業中のデータを配置する短期記憶領域として使用されます。PC に搭載されている RAM の容量が大きいほど、PC が一定の時間内に処理できるデータ量は多くなります。RAM を作業場と考えてみてください。小さなトレイよりも巨大な作業台の方が作業しやすいことは明らかです。

RAM の増設はもちろん役に立ちますが、RAM の追加で得られるメリットには限界があります。制限の 1 つは物理的なものです。マザーボードは一定量の RAM しか搭載できないため、RAM の最大容量にすでに近づいている古いマシンをアップグレードしようとしても、拡張するのに十分なスペースがないかもしれません。もう 1 つの大きな制限は処理能力の限界です。追加した RAM を活かせる処理能力がなければ、世界のどの短期メモリーを使っても、従業員の仕事がスムーズになることはありません。

プロセッサーの能力

CPU とも呼ばれるプロセッサーは、PC が作業を行うために必要な命令を行い、処理能力を提供します。プロセッサーの性能が高く最新版に近いほど、PC はより短時間でタスクを完了できます。

より高性能のプロセッサーを入手することで、PC の処理速度を高速化できます。すでに使用している RAM の能力を最適化し、追加する新しい RAM への投資効果を最大化するにはこれだけで十分かもしれません。RAM を増やすのが作業台を広くするようなものであるとするなら、より高速のプロセッサーを使用するのは友人に仕事の手助けを頼むことに似ています。

すべてのバランスをとる

しかし、より大容量の RAM とより高速の CPU のどちらか一方を選ぶという問題ではありません。それぞれが同様に重要であり、相互に依存し、補完し合っています。また、どちらもマザーボードやハードディスク・ドライブなどのコンピューター・コンポーネントの性能や容量に依存し、補完します。

その他のコンピューター・コンポーネントの詳細を見る ›

両方の長所を活かす 1 つの方法は、最新のインテル® Core™ プロセッサーとインテル® Optane™ メモリーを組み合わせることです。このスマート・メモリー・テクノロジーは標準の RAM を補完すると同時に、ハードディスク・ドライブの長期メモリーを増強することで、RAM だけを追加した場合と比べて格段に高いシステム応答性を引き出します。従業員は PC タスクの多くをより迅速かつ効率的に実行できるようになります。

従業員のワークスタイルを改善する必要がある場合、インテル® Core™ プロセッサーとインテル® Optane™ メモリーを搭載した PC が「RAM vs プロセッサー」という長年の議論で探し求めてきた答えになります。

最新のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載した小規模ビジネス向け PC の購入 すべてを表示

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載した人気の高い小規模ビジネス向け PC をご覧ください。

HP Pavilion 13-an1042tu

  • 第10世代 Intel® Core™ i5プロセッサ プロセッサー
  • 256 GB 容量
  • 8 GB メモリー
  • 1.3 kg 重量
  • Windows 10 Home オペレーティング・システム
今すぐ比較する

Gigabyte AERO 15 KB-7JP1130SH

  • 第10世代 Intel® Core™ i7プロセッサ プロセッサー
  • 512 GB 容量
  • 16 GB メモリー
  • 2 kg 重量
  • Windows 10 Home オペレーティング・システム
今すぐ比較する

DELL XPS 13 7390

  • 第10世代 Intel® Core™ i5プロセッサ プロセッサー
  • 256 GB 容量
  • 8 GB メモリー
  • 1.29 kg 重量
  • Windows 10 Home オペレーティング・システム
今すぐ比較する

Acer Aspire 5 A515-54-72J7

  • 第10世代 Intel® Core™ i7プロセッサ プロセッサー
  • 512 GB 容量
  • 8 GB メモリー
  • 1.9 kg 重量
  • Windows 10 Home オペレーティング・システム
今すぐ比較する

Lenovo IdeaPad Flex 5

  • 第10世代 Intel® Core™ i7プロセッサ プロセッサー
  • 512 GB 容量
  • 16 GB メモリー
  • 1.8 kg 重量
  • Windows 10 Home オペレーティング・システム
今すぐ比較する

免責事項

1

記載されているコスト削減シナリオは、指定の状況と構成で、特定のインテル® プロセッサー搭載製品が今後のコストに及ぼす影響と、その製品によって実現される可能性のあるコスト削減の例を示すことを目的としています。状況によって異なる可能性があります。インテルは、いかなるコストもコスト削減も保証いたしません。

2

5 年以上前の PC を使用している場合、従業員の生産性は最大 29% 低下するという記述は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018 年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。この値は、アンケート回答者が 5 年以上前の PC の使用に起因すると推定した生産性低下率に、同じくアンケート回答者が推定した PC の平均使用時間を掛けて算出しました。この統計値およびレポートの全文については、https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/business/small-business/sme-pc-study.html をご覧ください。

3

5 年以上前の PC を使用している場合、そのコストは 1 台当たり年間で最大 17,000 ドルに上るおそれがあるとする記述は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018 年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。アンケートの回答に基づく試算によると、5 年以上前の PC を使用している場合、従業員の生産性は最大 29% 低下するおそれがあります。推定損失額は、従業員の平均年収を 60,000 ドルとした場合、年間 17,000 ドルに上ります。この統計値およびレポートの全文については、https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/business/small-business/sme-pc-study.html をご覧ください。

4

従業員がコンピューターの起動に 1 年当たり最大で 11 時間を費やしているとする記述は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018 年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。起動は 1 営業日に 1 回とし、平均起動時間は 5 年を超えて使用している PC の起動にかかる時間に関するアンケート回答の平均値としました。これに基づいて試算すると、使用期間が 5 年を超える PC は、1 年当たりおよそ 11 時間を起動に費やしていることになります (起動時間 4.07 分 x 週 5 日 x 年 52 週間 / 60 (時間に換算) x 使用率 67%、つまり 4.07 x 5 x 52 / 60 x .67 = 11.8)。この統計値およびレポートの全文については、https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/business/small-business/sme-pc-study.html をご覧ください。