IT の未来への準備

今日の IT トランスフォーメーションに適切な投資を行うことで、企業は明日の新たな機会を活用する準備が出来るようになります。

未来の IT トレンド:

  • 人工知能の継続的な進化は、企業が業務を最適化し、自動化を新たなレベルに引き上げるのに役立つでしょう。

  • エッジ・コンピューティングがさらにインテリジェント化するにつれ、世界はスマート道路、スマート・ビルディング、リアルタイム・インサイトから恩恵を受けるようになります。

  • クラウド・インフラストラクチャーはハイブリッドなマルチクラウド環境へと移行し、ワークロードをクラウドの種類を超えて拡張できるようになります。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

世界は急速に変化しています。競争力を維持するためには、企業は業務に IT トランスフォーメーションを採用し、新しい方法でビジネス・データを活用し、IT システム運用管理を再考しなければなりません。十分な準備をしている企業にとって、次世代の IT はかつてないチャンスをもたらします。

人工知能 (AI) とオートメーション

企業は、サプライチェーンであれ、製品開発行程であれ、オペレーションであれ、AI と自動化の価値を真に実感し始めたところです。人工知能は、構造化されたデータと構造化されていないデータを問わず、これまで手つかずだった大量のデータからパターンを見つけ出すことで、ビジネスの予測と成果の向上に役立ちます。これらの洞察力は、意思決定者が新しい市場や製品を特定し、価格設定を最適化し、予測の精度を向上させるなどに役立ちます。

多くの企業は、データセンターで広がる AI について、長期的に情報やトレンドを分析しながら考えています。この実践は確かに価値のあるものであると同時に、自動化やその他のリアルタイム・プロセスを可能にするために、現場の機器や製造ライン、インフラストラクチャーなどのエッジで AI を使用する企業も増えています。例えば、マシン・ビジョンを使えば、生産ラインの欠陥を特定し、品質保証を合理化することができます。自律的抗ウィルスロボットは、病院内の表面の消毒し、患者や医療従事者が危険な病原体を避けるのに使用されています。

インテルでは AI を活用して、63 カ国 600 施設を含む独自のサプライチェーンを合理化しています。AI と高度な分析が、年間 100 万件の注文をこなし、10 億件の出荷を実現するためにどのように役立っているのかをご紹介します:1

  • 予測モデリングによって部品在庫を最適化し、意志決定時間を 6 カ月から 1 週間に短縮し、5,800 万米ドルの節約を実現しました。
  • ビッグデータと機械学習は、設計プロセスの初期段階での意思決定を改善し、材料費 (BOM) の削減を実現しました。あるパイロット・プロジェクトでは、1 年間で 2,300 万ドルの節約に成功しました
  • 機械学習アルゴリズムは、95% の予測精度を提供することで、空間計画を改善しました。

インテルの IT は、CPU に機械学習アルゴリズムを組み込んでパフォーマンスを向上させたり、工場での製品の総合的なテスト時間を短縮したり、自律的な販売を可能にしたりと、さまざまな方法で AI を使用してビジネス・プロセスを最適化しています。

自社の業務以外では、インテルの IT は AI を世界に影響を与える課題に適用しています。例えば、イスラエルの Sheba Medical Center は、データ分析を COVID-19 の治療にどのように利用できるかを探るハッカソンを主催しました。インテルのボランティア・チームは、どの患者が生命を脅かすような悪化を経験するか、呼吸補助を必要とする可能性があるかを予測するのに役立つシステムを開発しました。2020年6月に、インテルのチームが優勝しました。Sheba は、インテルのソリューションが、ニューヨークの Sheba Medical Center と Mount Sinai Hospital の両方で導入されることを発表しました。

AI を大規模に機能させることは複雑になる可能性があります。インテルはグローバル・パートナーのエコシステムに加えて、企業が迅速かつコスト効率よく AI を配置するのに役立つ最適化された AI ハードウェア、ソフトウェア、およびソリューションの多様なポートフォリオを提供しています。

IoT とエッジ・コンピューティング

モノのインターネット (IoT) は、何百万もの新しいデバイスを相互に、そしてクラウドに接続しています。今では、最新の高性能低消費電力プロセッサーのおかげで、分析や AI がクラウドから出て、これらのエンドポイントに直接つながっています。エッジ・コンピューティングが加わることで、IoT は真にインテリジェントなものになりました。

例えば、ビジョン・プロセッシング・ユニット (VPU) を搭載したスマートカメラは、ビデオフィードをリアルタイムで分析して、賑やかなイベント会場や工場のフロア、交差点などで何が起こっているかを「見る」ことができます。小売店のエッジ・サーバーにより、データ・ローカリティーの要件に準拠して、顧客データを現地に保持しながら高度な分析を実行することができます。エッジ・コンピューティングは、ローカル保存、迅速なアクセス、低レイテンシーで分析されたデータに最適で、クラウド・コンピューティングの優秀な補完として利用できます。

インテルは、高性能で費用対効率の高いソリューションをサポートするために設計されたエッジ・コンピューティング・テクノロジーの幅広いポートフォリオーを提供します。当社のパートナーのエコシステムは、特に IoT 向けに設計された実証済みかつ検証済みのソリューションにより、導入を効率化します。

2020年、インテルはイスラエルの Petach Tikva にある設計開発センターのスマート・ビルディングの設計図に、最高の IoT 技術を集結させました。私たちの目標は、使い勝手が良く、運用効率が良く、コスト効率の良い最先端のオフィス空間を作ることでした。結果としてこの設計図には、スマート・パーキング、スマート・ロッカー、スマート照明、建物全体のデジタル・タッチ・サインなどのシステムが含まれており、経路表示システムや食事の選択肢などを支援しています。テクノロジーを選択する際には、スマート・ビルディングやビジュアル・コミュニケーション向けに設計されたインテル® IoT マーケット・レディ・ソリューション (インテル® IMRS) をいくつか選択しました。このモデルでは、単一の統合プラットフォームによる CapEx の削減、単一のサプライヤーによるクラウド・ライセンスの統合、既製品のソリューションによる経済性の向上を実現しました。

エッジ・コンピューティングは、ローカル保存、迅速なアクセス、低レイテンシーで分析されたデータに最適で、クラウド・コンピューティングの優秀な補完として利用できます。

クラウド・インフラストラクチャー

クラウドの黎明期には、導入はパブリックとプライベートの 2 つのカテゴリーに明確に分かれていました。今日の企業は、ハイブリッドなマルチクラウド環境を利用して、双方のモデルの長所を手に入れることができます。このアプローチにより、IT チームは複数のプライベート・クラウドとパブリック・クラウドのサービス・プロバイダー間でデータやアプリケーションをよりシームレスに移行することができます。その結果、場所、コスト、サービス品質保証 (SLA)、その他のワークロードの要件に応じて最適なクラウド・リソースを選択することができます。

クラウド・インフラストラクチャーの信頼できる技術基盤としてインテル® アーキテクチャーを使用することで、簡単な移行と、運用の効率化で企業は予測不可能なデジタル時代の転換期にも対処することができます。インテルのデータ中心のポートフォリオは、アプリケーション、OEM ハードウェア、クラウド・サービス・プロバイダーが提供するサービス全体で、数十年にわたり行われた最適化を基にしています。つまり、企業は、どのようなクラウドサービスを組み合わせて採用しても、スムーズなエクスペリエンスを経て自信を持つことができるのです。

膨大なデータ・プールに高度な分析を適用する

高度な分析の世界では、大きな変化が起きています。以前は、分析はすでに起きていることをさらに理解するために、単に過去のデータを見るだけでした。今日、データを解釈する上で最もエキサイティングな可能性を秘めているのは、予測分析、つまり問題が起こる前に問題を解決することです。また、高度な分析は企業が、画像、音声、ビデオ、IoT センサーのデータなど、以前はアクセスできなかったデータソースを活用する手助けになっています。

予測分析により、企業は予測される結果を理解し、変化するためにその結果を最適化することができます。例えば、予測分析ソフトウェアに送り込まれたテレマティクス・データにより、車両の予防保全が必要になったときにフリート・マネージャーに通知することができます。AI を使って分析を強化することで、さらに多くのことを提供します。小売業者は、顧客が店舗内のどこに移動するかについて、より良く知ることができ、製造業者は機能不全または欠陥のある商品を特定することができ、医療システムはフォローアップ・ケアを必要とする患者の評価を向上させることができます。

情報セキュリティー

今日の IT チームは、洗練されたサイバー犯罪者と対峙しています。ハッカーは、ハードウエア・ソフトウエア・スタックを以前より多くの層を攻撃しており、企業ネットワークに新たな接続デバイスが追加されたことで、標的となる可能性のあるエントリーポイントが増えています。

最も重要な情報セキュリティーとリスク・マネジメント 戦略の一つ は、ネットワークのあらゆるポイントでの保護を強調することです。インテルの IT は、サイバー・インテリジェンス・プラットフォーム (CIP) により、情報セキュリティー (InfoSec) の実践を新たなレベルに引き上げました。CIP は何百ものソースやセキュリティー・ツールからデータを取り込みます。リアルタイムデータ、ストリーム処理、機械学習ツール、一貫したデータモデル、オーケストレーション及びオートメーション機能へのアクセスにより、インテルの IT は発生から数日から数週間ではなく、数時間から数分以内にインシデントを検出し、対応することができます。CIP インフラストラクチャーは、インテル® Xeon® Platinum プロセッサー、インテル® 3D NAND ソリッドステート・ドライブ (SSD)、インテル® Optane® SSD をベースとしています。

また、ハードウェアとソフトウェア・ベースの両方のセキュリティー技術を採用することも重要です。例えば、ビジネス PC 向けのインテル® vPro® プラットフォームは、オペレーティング・システム (OS) より底層の攻撃に対する強化された保護機能と、インテル® ハードウェア・シールドによる高度な脅威検知機能を提供します。

ビジネス PC 向けの IT の提供とサポート

業務が PC 上で行われており、生産性を高く保つためには、IT 管理者はあらゆる問題を早急に解決しなければなりません。しかし、労働力の大部分は現在、ヘルプデスクの手の届かないところでリモートで仕事をしています。

リモート管理機能は、今後の IT 業界では必須の能力です。ユーザーが必要とする IT サポートを提供するためには、管理者がリモートで PC の診断、設定、アップデートし、さらに新しいソフトウェアやパッチのインストールを行うことができるようにする必要があります。ビジネス PC 向けに設計された インテル® vPro® プラットフォームは インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーを搭載しているため、IT 管理者は、PC の電源が入っていなかったり、圏外であっても、リモートで PC の管理や修理を行うことができます。IT システム管理の改善や IT サポートのコストの削減だけでなく、ユーザーのダウンタイムを最小限に抑えることができます。

インテルによる IT トランスフォーメーション

将来のビジネスに備えるということは、最新の IT トレンドを追い求める以上のことを意味しています。IT インフラストラクチャーへの戦略的な投資に加え、ベスト・プラクティスに関する組織的提携が求められています。インテルが、この先のビジネスのための準備を整えられるIT トランスフォーメーションのためのガイダンスとサポートをどのように提供するかについては、こちらをご覧ください。