Intel vPro® プラットフォームの経済効果

インテルは、Intel vPro® プラットフォームの経済効果に関する調査を Forrester Consulting に委託しました。この調査は Total Economic Impact* (TEI: 総合的経済効果) 調査と呼ばれるもので、例えば Windows* 10 Professional が動作する PC が対応するインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) など、インテル® Core™ vPro® プロセッサー・ファミリー搭載 PC と、テクノロジー、サービスを備えた Intel vPro®プラットフォームの導入により、期待できる投資利益率 (ROI) を分析します。1 Intel vPro® プラットフォームによる新しいハードウェアがもたらすと考えられる財務的な影響を判断するフレームワークの提供を目的としています。

Forrester は、このような投資に関連して生じる潜在的な収益、コスト、リスクをより正確に把握するため、複数の国で中規模企業 (従業員数が 100 名以上 1,000 名以下の範囲内) の 250 人を対象に調査を行い、3 社で従業員インタビューを実施することで、調査結果の正当性を立証し、個々の対話から詳細を提示しています。この TEI 調査の結果を公表するにあたり、Forrester はインタビューと調査の詳細を基に、ある架空の組織を設定し、Windows* 10 Professional が動作するインテル® Core™ vPro® プロセッサー・ファミリー搭載ノートブック PC / デスクトップ PC を 750 台所有する中規模企業としてモデル化しました。

インテル® Core™ vPro® プロセッサー・ファミリー搭載 PC を導入する以前は、さまざまな種類のプロセッサーやオペレーティング・システムを組み合わせて使用していた組織が大半です。これまでも、IT 管理コストの増大、ヘルプデスクへの着信数の増加、エンドユーザーの生産性を阻害する IT 関連の問題を目にしてきたはずです。インテル® Core™ vPro® プロセッサー・ファミリーと Microsoft のオペレーティング・システム Windows* 10 への投資後、インタビューおよび調査対象の組織では、セキュリティーの強化、より効果的な管理、従業員の効率性向上といった利点が見られました。こういった利点の要因となっているのは、特に、Intel vPro® プラットフォームに組み込まれたハードウェア支援型のセキュリティー機能、高速のプロセッサー、管理の柔軟性といった特長やテクノロジーなのです。

インテルのその他のソリューション

Windows* 10 への移行

最新のインテル® Core™ vPro® プロセッサー・ファミリーを搭載した PC が、Windows* 10 と連動して、どのように企業全体で高度なセキュリティー機能、生産性、一貫性を実現させているか説明します。

詳しくはこちら

Intel vPro® プラットフォームが財務にもたらす影響

Forrester によるレポートとこのインフォグラフィックから分かるように、Windows* 10 が動作するIntel vPro® プラットフォームは、財務に総合的な好影響をもたらします。

Forrester のインフォグラフィックを表示

セキュリティー対応コストの削減

Forrester によるレポートとこのインフォグラフィックから、財務への好影響の半分近くは、セキュリティー問題の回避と解消に加え、データ・セキュリティーのリスク低減によるものと示されています。

Forrester のセキュリティーに関するインフォグラフィックを表示

免責事項

1

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/performance を参照してください。