アウトオブバンド管理とは

ハードウェア・ベースの機能では、電源が切れていても、IT がデバイスをリモートで管理できるようになります。1

アウトオブバンド管理 (OOBM) では、保有 PC およびデバイスを IT 管理者がもっと柔軟に管理できるようになります。インテル® vPro® プラットフォームがどのように企業の計画外のダウンタイムを削減するリモート管理機能を実現しているかご覧ください。

今日の仕事はさまざまな場所で発生します。しかし、IT サービスデスクをすべてのオフィスに置くことはできず、リモートで働く従業員にも PC サポートは必要です。さらに、最新のコンピューティングは、従来の PC よりはるかに進化しています。つまり、IT 管理者が管理すべきデバイスの数は今までになく多く、その場所も多様化しています。

PC ベースのデバイスは、さまざまな環境や用途で使用されるようになり、それらすべてを管理することは信じられないほど複雑です。IT 管理者はあるとき、空港の地上 4.5 m に取り付けられたデジタル・サイネージ・ディスプレイを修理しなければなりません。その次には、混雑する地下鉄駅で何百人もの利用者がいるセルフサービス・キオスクをトラブルシューティングしなければなりません。PC ベースのデバイスは、風力タービンのてっぺんや地下の鉱山など、過酷でアクセスが難しい産業環境でも使われ始めています。

デバイスを管理するのが社内の IT 部門であろうと、マネージド・サービス・プロバイダー (MSP) であろうと、効率的な作業が非常に大事になってきています。リモート管理では、時間もコストも劇的に節約できるようになります。技術者を派遣する必要がなくなるため、IT 管理者はより多くのデバイスを扱え、同時にスタッフや移動に関連する支出を削減できます。また、デバイスのアップタイムを最大化し、デバイスとユーザーのピーク生産性を保てます。

インバンド管理とアウトオブバンド管理の比較

市場には、リモート監視および管理 (RMM) ソリューションがあふれています。多くはソフトウェア・ベースで、IT 管理者は単一のインターフェイスからデバイスを管理できるようになっています。ただし、ソフトウェアのみのソリューションは、インバンド管理に依存しているため、制限があります。つまり、デバイスの電源が入っていて、IT サービスに接続できる状態でないと、そのデバイスを管理することはできないということです。

ハードウェア・ベースのアウトオブバンド管理 (OOBM) では、デバイスの電源が切られていたり、オペレーティング・システム (OS) が応答しなかったりしても、IT 管理者はデバイスにアクセスできます。

アウトオブバンド管理のメリット

アウトオブバンド管理では、デバイスにネットワーク・アクセスと電源さえあれば管理可能です。IT チームは、デバイスの電源状態、施設の内外、企業ファイアウォールの内外を問わずデバイスにアクセスできます。これには事業上のメリットがいくつかあります。

  • アクセスと機能性の向上。アウトオブバンド管理はハードウェア・ベースなので、OS より下のレベルで動作します。管理者は BIOS および UEFI ファームウェア・インターフェイスにレベルを設定したり、昇格タスクの変更を行ったりできます。PC のセットアップと構成、OS またはセキュリティー更新プログラムなどのルーチンタスクも実行できます。
  • IT 管理コストの削減。何百、何千台もの PC ベースのデバイスが多くの場所にある企業は、移動や IT スタッフの労働に関連する運用コストを削減できます。
  • 迅速な修復。アウトオブバンド管理では、IT にマシンを送り返したり、技術者を現場に派遣したりする時間が不要になります。短時間でデバイスを使えるようにできるため、ダウンタイムを削減し、生産性を向上します。

アウトオブバンド管理では、インテル® vPro® プラットフォーム・ベースのデバイスにネットワーク・アクセスと電源さえあれば管理可能です。

インテル® vPro® プラットフォーム

インテル® vPro® プラットフォームは、PC ベースのデバイス向けのビジネスクラスのプラットフォームです。IT の信頼性を高めるハイパフォーマンス、内蔵セキュリティー機能最新の管理性安定性を備え、ユーザー体験を最適化できるように設計されています。

インテル® vPro® プラットフォームがユニークなのは、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) によるアウトオブバンド管理に対応している点です。これらの RMM ハードウェア・ベースの機能は、OS とは独立に動作し、永続的な接続を実現します。

IT 管理者は、リモートキーボード、ビデオ、マウス (KVM) コントロールを使用して、リモート PC にアクセスし、デバイスを直接操作しているかのように作業できます。リモート電源制御により、管理者は OS がダウンしていてもデバイスの電源を入れたり、再起動したりすることができます。これらの機能は、アウトオブバンド修理、OS 管理などに大変革を起こします。

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーは、複数のアプリケーションおよびインターフェイスからアクセスできます。

これらのツールはそれぞれ、IT 管理者がユーザーの邪魔をせず、PC をユーザーの手元に残したまま、生産性を向上できるようにします。そして、ユーザーがいない場合、管理者は現場にいるかのようにデバイスを管理できます。

アウトオブバンド管理を始めるには、インテル® vPro® プラットフォーム・ベースのビジネス向けノートブック PCビジネス向けデスクトップ PCを探すか、MSP までデバイスオプションについてお問い合わせください。

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーによるリモート管理

ビジネス向けのインテル® vPro® プラットフォームに組込まれているインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT)では、アウトオブバンド管理 (OOBM)、リモート監視および管理 (RMM)、モバイルデバイス管理 (MDM) テクノロジーの一連のツールが用意されています。Forrester Consulting が実施した調査によると、インテル® vPro® プラットフォームの活用によりデバイスのセキュリティーや管理が向上し、3 年間に 130 万米ドルのコスト削減を達成できる可能性があります。一方、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) を使用した自動リモートパッチ展開では、リスク調整後で3 年間に 81,000 米ドルのコスト削減を達成できる可能性があります。2

免責事項

1

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。コストと結果は状況によって変わります。

2「インテル® vPro® プラットフォームのTotal Economic Impact*(総合的経済効果)」(インテルの委託でForrester Consulting が 2018年12月に実施した調査 ) それぞれの組織における節約は、インテル® vPro® プラットフォームに切り替える前の組織の規模、セキュリティー、管理機能、生産性のベースラインなど、さまざまな要因に応じて異なります。組織が得られるメリットを判断する場合には、その他の資料や貴社に関する具体的な情報をご確認ください。http://www.intel.co.jp/vProPlatformTEI/ で導入事例をご覧ください。